試合速報はこちら

シード16校戦力分析 Aシード浦和学院「雪辱誓う秋春王者」

 第98回全国高校野球選手権は9日、県営大宮球場で158チームが参加して開幕する。3年ぶりの頂点を目指す秋春王者の浦和学院、春季県大会準優勝の花咲徳栄がAシード、同4強の上尾、山村学園がBシード、春日部共栄、聖望学園ら8強4校がCシード、正智深谷、大宮東ら16強8校がDシードとして夏を迎える。激闘を制し、たった一校の甲子園切符を勝ち取るのはどのチームか。最終調整に励む16校を紹介する。

Aシード浦和学院「雪辱誓う秋春王者」

広角に打ち分ける打撃でセンスの高さを感じさせる浦和学院の3番諏訪

広角に打ち分ける打撃でセンスの高さを感じさせる浦和学院の3番諏訪

 3季ぶりの甲子園出場を掲げる秋春王者は、準決勝で白岡に敗れた昨夏の雪辱に燃えている。チームを率いて25度目の夏を迎える森監督は「これまでの結果に満足していない3年生が引っ張っている」と春以降の底上げに手応えをにじませる。

 秋に比べて安定感が増したエース右腕榊原は、140キロ台前半の直球を武器とする本格派。投手陣は激しい競争が続いているが、制球力に優れる左腕大沢、切れのある直球が光る1年生左腕佐野は当確か。早めの継投で榊原の負担を軽減したい。

 打線は甲子園を経験している3番諏訪、5番幸喜を軸に切れ目がない。春季県大会決勝、関東大会で4番を任された蛭間は1年生ながら風格が漂う。春先に守備位置を入れ替えた内野陣は連係が大きく向上。1年生矢野にも出番がありそうだ。

 

 

予想オーダー

選手名 位置
山本
2 杉山
諏訪
蛭間
幸喜
梶山
7 前田
8 榊原
矢野

※丸数字は左打者

今年度の戦績

 春季地区大会
1回戦 10-0(6回コールド) 栄東
代表決定戦 10-0(5回コールド) 伊奈学園
 春季県大会
2回戦 6-1 本庄東
3回戦 4-2 桶川
準々決勝 2-0 春日部東
準決勝 6-3 上尾
決勝 7-6 花咲徳栄
 春季関東大会
2回戦 4-5 日本航空

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。