試合速報はこちら

日本、キューバに快勝し決勝進出 竹村、先発復帰 18U・W杯

 野球の18歳以下(18U)ワールドカップ第6日が6日、台湾で開催され、2次ラウンド2戦目となる日本代表は1次ラウンドB組2位のキューバ代表に10対0で8回コールド勝ち。これで第1次ラウンドから数えて7戦全勝となり、あす7日の2次ラウンド最終戦・米国戦を待たずして決勝進出を決めた。

 日本は先発の安楽(済美)が初回2死二、三塁のピンチを切り抜けると、バッテリーを組むキャプテン森友哉(大阪桐蔭)の好リードに導かれ尻上がりに快調なピッチング。4回から6回にかけて6者連続三振などキューバ打線を完全に手玉に取り、8回6安打無失点、2ケタの10奪三振で完封した。安楽は1次ラウンド3戦目のベネズエラ戦、同5戦目のカナダ戦を含め18イニング連続無失点となった。

 また、打ってはこの日も日本打線は絶好調。2回に奥村(日大山形)のセンター前タイムリーで幸先良く先制すると、4回には渡辺(東海大甲府)の2ランで追加点。そして終盤8回に打者一巡の猛攻を見せ、最後は森友哉がコールドを決めるタイムリーを放った。

 日本代表はあす7日、2次ラウンド最終戦で米国と対戦。8日の決勝戦で初優勝を目指す。

(スポーツナビ)

◇第2ラウンド

キューバ
00000000 =0
01021006x=10
日本
(8回コールド)

【日】安楽-森友
【キ】QUIROZ、CONRADO、CARO-ROAS

【日本先発メンバー】
1(右)吉田(北照)
2(左)熊谷(仙台育英)
3(捕)森友(大阪桐蔭)
4(指)内田(常総学院)
5(一)園部(聖光学院)
6(三)渡辺(東海大甲府)
7(二)奥村(日大山形)
8(中)森龍(日大三)
9(遊)竹村(浦和学院)

先発投手 安楽(済美)

◇浦学選手の成績

 前々日に負傷し状態が心配された竹村選手がスタメンに戻ってきた。9番ショートで先発出場し、4打数1安打だった。第1打席はフルカウントからいい当たりもセンターライナー。第2打席はセンターフライ。第3打席はセンター前ヒット&二盗成功。第4打席はライトフライ。安定した守備も披露した。

◇試合経過

【1回表キューバ】

 日本先発は安楽。1番ゴンザレス、145キロ直球打たれ右前安打。2番サンチェス、送りバント成功。1死二塁。3番モンカダ、142キロ外角直球を流され左前安打。1死一、三塁。4番テハダ、3球目に一塁走者二盗成功。147キロ直球空振り三振。5番モイラン、148キロ直球で一ゴロに仕留め先制許さず。キューバは強打のチームだ。183センチ、95キロの3番モンカダは打率4割を超え、187センチ一塁手のロベルトも4割を超える。しかしながらここまで本塁打はなく、長短打をつなぐチームだ。遊撃のエスクエレルは全身がバネのようにしなやかな送球で魅せる。

【1回裏日本】

 キューバ先発は右腕マルティネス。1番吉田、四球。2番熊谷、2球目を空振り。吉田が二盗。しかし捕手の二塁送球を妨害したとしてアウト。3番森友、左飛。2死一塁。4番内田、吉田が二盗失敗で無得点。

【2回表キューバ】

 6番メサ、スライダー打たれ中前安打(盗塁失敗)。7番ディアス、146キロ直球で投ゴロ。8番ロペス、初球直球打たれ左前安打。9番バルデス、遊直で無得点。

【2回裏日本】

 4番内田、三塁線へゴロ。一塁悪送球で無死一塁。5番園部、送りバント成功。1死二塁。6番渡辺、二飛。7番奥村、中前適時打で1点先制!センターが後逸する間に三塁へ。8番森龍、変化球空振り三振で1点止まり。

【3回表キューバ】

 1番ゴンザレス、スライダーで二ゴロ。2番サンチェス、遊ゴロ。3番モンカダ、遊ゴロに仕留め3者凡退。

【3回裏日本】

 9番竹村、中飛。1番吉田、空振り三振。2番熊谷、二飛。3者凡退。

【4回表キューバ】

 4番テハダ、初球スライダーで遊ゴロ。5番モイラン、1-2から142キロ外角直球見逃し三振。6番メサ、3-2から147キロ高め直球で空振り三振。

【4回裏日本】

 3番森友、0-2から外角直球見逃し三振。4番内田、スライダー空振り三振。5番園部、中越え二塁打。6番渡辺、左翼ポール際に2ラン!3-0。7番奥村、遊ゴロ。

【5回表キューバ】

 7番ディアス、127キロスライダー見逃し三振。4回から3者連続。8番ロペス、149キロ直球で見逃し三振。4者連続で5個目。9番バルデス、122キロのスライダーで空振り三振。5者連続で6個目。

【5回裏日本】

 8番森龍、遊ゴロ。9番竹村、中飛。1番吉田、中前安打。2番熊谷、左越え適時三塁打。4-0!

【6回表キューバ】

 1番ゴンザレス、143キロ外角直球で見逃し三振。6連続で7個目。2番サンチェス、右前安打。3番モンカダ、三ゴロ併殺打で無得点。

【6回裏日本】

 4番内田、遊撃内野安打。キューバは2人目の右腕コンラドが登板。5番園部、送りバント成功、1死二塁。6番渡辺、二ゴロ。2死三塁。7番奥村、遊ゴロで無得点。

【7回表キューバ】

 4番テハダ、初球143キロ直球で二ゴロ。5番モイラン、145キロ外角直球で見逃し三振。8個目。6番メサ、スライダー打たれ左前安打。6本目。7番ディアス、二ゴロで無得点。

【7回裏日本】

 8番森龍、見逃し三振。9番竹村、中前安打(二盗成功)。1番吉田、二ゴロ。2死三塁。2番熊谷、投ゴロで無得点。

【8回表キューバ】

 8番ロペス、スライダーで空振り三振。9個目。9番バルデス、122キロのスライダーで空振り三振。10個目。1番ゴンザレス、二ゴロで3者凡退。

【8回裏日本】

 3番森友、右二塁打。4番内田、中前安打で無死一、三塁。5番園部、左越え2点適時打。6-0!ここでキューバは3人目の右腕ソトマヨルが登板。6番渡辺、四球。無死一、二塁。7番奥村、三塁前送りバント。1死二、三塁。8番上林、三塁線を破る適時三塁打。2者生還し8-0。9番竹村、右飛。1番吉田、左前適時打で9-0。2番熊谷、右飛。しかし右翼手が落球。2死一、三塁。3番森友、左への適時打で10-0、コールド勝ち。

(日刊スポーツ)

◇9月6日の全試合結果

ベネズエラ1-11韓国
日本10-0キューバ(8回コールド)
米国7-5台湾

0

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。