試合速報はこちら

夢懸け2年ぶりの夏 149チーム参加し開幕 高校野球埼玉大会

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は9日、県営大宮球場で開始式が行われ、開幕。2年ぶりとなる夢の甲子園出場を懸け、149チームが参加して12日間にわたる熱戦の火ぶたが切られた。決勝は27日午前10時から同球場で実施され、優勝校が全国高校野球選手権(8月9~25日・甲子園)に出場する。

 午前9時、無観客の中、開始式が始まった。新型コロナウイルス感染防止のため、例年のような全ての出場チームが入場行進する開会式は催されず、マウンド前に開幕試合の東農大三と川越南の2校と選手宣誓を務める星野の星静流(せいる)主将だけが参加して、開始式が実施された。前夜から降り続いた雨は、選手たちの熱気が通じたのか、式典が始まると小降りになった。

 坂上節県高野連会長は「仲間を信じ、勝利を目指して白球を追える喜びを取り戻し、2年ぶりの夏の大会を取り戻してきました。この球場で熱戦が繰り広げられることを期待している」とあいさつした。

 最後に星主将が力強く選手宣誓。「この感謝の気持ちを懸命に白球を追い掛けることで体現し、このような社会の中で一筋の光になることを誓います」と球児たちの思いを代弁した。

 降雨で約2時間遅れた開幕戦は、東農大三が6-2で川越南に勝利。第2試合は八潮南が3-1で川越を下した。

 大会第2日の10日から熱戦が本格化し、9球場で1回戦19試合が行われる。今大会は、1、2回戦が一般無観客。ただし、学校関係者と野球部関係者の入場は認めて行われる。3回戦以降は有観客試合で実施される。

大会プラカードで先導 浦和学院・青木さん「良い思い出」

大会プラカードを持つ(右から)桜庭琴音さん、青木響さん、岡平晃和さん(左)

 入場行進では浦和学院の野球部マネジャー青木響さん(17)がプラカードを持って選手たちを先導。雨が降る悪天候の中での入場行進となったが、入場行進でプラカードを任されたことは「選ばれてうれしい」と話す。

 入場行進については、緊張もあったというが「初めての経験で良い思い出でした」と表情を緩めた。チームは11日に、聖望学園と対戦する。「チームもサポートし、大会運営も頑張りたい」と意気込んだ。

司会の及川さん、舘石さん 堂々と大役果たす

 共に3年生の浦和北野球部のマネジャー及川詩保さん(17)と市浦和野球部マネジャーの舘石愛華さん(17)が開会式で司会を務めた。

 雨が降り手元の原稿がぬれながらの進行になったが「ここに立てることがうれしかった。自分の中では一番いいアナウンスができた」と及川さんは感激した様子を見せた。舘石さんは「原稿を渡されたのは前日で一生懸命頭に入れた。集中してできた」と堂々と大役を果たした。

感謝込め「一筋の光に」 選手宣誓・星野の星主将

気持ちのこもった選手宣誓をした星野の星静流主将

 「私たち高校球児は2年ぶりにこの舞台に戻ってきました」

 雨を切り裂くように力強い口調で選手宣誓した星野の星静流(せいる)主将。「最高の夏を知ってもらうため、はきはき言うことを意識した」とほほ笑んだ。

 宣誓文の作成に当たって3年生の部員からキーワードをもらい、多かったのが“感謝”だったという。「大会を運営してくれる方々、先生や周囲の方々に感謝の意味を込めた」と大舞台で思い表現した。

 前日のリハーサルでは「試合より緊張する」と不安視していたものの、本番では「緊張はせず、楽しむことができたから百点です」と満足の表情を浮かべた。

選手宣誓全文

 宣誓、私たち高校野球球児は2年ぶりにこの舞台に戻ってきました。この1年大きな悲しみや辛(つら)さを味わいました。しかし、今、野球ができることの喜びを改めて実感しています。ここまで支えて下さった全ての人たちに感謝します。この感謝の気持ちを懸命に白球を追い掛けることで体現し、このような社会の中で一筋の光になることを誓います。

 令和3年7月9日、選手代表 星野高等学校 硬式野球部 主将星静流

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。