試合速報はこちら

浦和学院元監督の森士氏「スポーツ通じ地域貢献したい」NPO法人開設会見

 浦和学院(埼玉)を30年にわたって率い、今夏の甲子園で退任した森士前監督(57)が12日、さいたま市内で「NPO法人ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」の開設について会見を行った。

 ユニホームを脱いで約4カ月。教え子から贈られた赤いネクタイを着用し「スポーツと勉強を通じて、体も頭も鍛えていく。部活動から地域スポーツクラブへの変革期を迎えている中で、人材育成をしていきたい。地域のスポーツ活動を通じて、社会や地域に貢献していきたいと考えています」と話した。

「NPO法人ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」は、勉強やスポーツを通じて青少年の健全な育成と、指導者の育成を目的に開設された。

 すでにテスト運用として30人の中学生が通っている。来年1月からは40~50人、4月からは100人規模で本格的に始動する予定。週2回、野球を1時間15分練習し、勉強も1時間15分行うスケジュールで、食事付き。会費は月2万円となっている。東大に進学した高校球児や理学療法士なども携わっており、森理事長は「いろいろな意味で、スポーツ界が変わっていく先がけになれればと思います」と話した。

 89年に64歳で亡くなった森理事長の父克さんが、地域のスポーツ少年団の初代委員長を務めていたこともあり、「地域スポーツへの貢献」への思いを長年温めていた。父のアドバイスでスポーツ少年団の指導をしていた時期もあり「高校生も小学生も教えることは一緒だから、朝練を見ろと言われて取り組んだことが、指導の原点になっている。いつか自分のルーツでもあり、原点でもあるところに恩返しができればと思っていました」と明かした。

 野球の技術指導は、元楽天2軍監督の松井優典氏(71)、元巨人2軍監督の内田順三氏(74)、OBで元横浜、西武、巨人の石井義人氏(43)らが行う。

 12月26日には、キックオフイベントとして「第1回関東野球フォーラム」を浦和学院の体育館で開催する。工藤公康ソフトバンク前監督(58)やOBのロッテ小島和哉投手(25)らが講演を行う。申し込みは「NPO法人ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」のホームページから。

(日刊スポーツ)

浦和学院が地域に根ざしたスポーツクラブを開設  理事長は森士前監督

 高校野球の強豪・浦和学院(埼玉)は12日、スポーツを通じて青少年の健全な精神と身体を育み社会に貢献する人材育成を目的とする「特定非営利活動法人ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」を開設すると発表した。今夏をもって同校の野球部監督を退任した森士氏(57)が理事長を務め、年明けから本格的な活動を始める。

 学校の部活動という枠を超えた地域スポーツの発展への貢献を目指し、まずは中学生を対象とした野球スクールを開く。3時間の活動を週2回予定。同校周辺の生徒30~40人でスタートさせ、4月には100人程度に増やす見込みという。技術指導は、元プロ野球選手や同校のOBが担当。野球だけでなく学習指導も充実させ、食育などもプログラムに含まれている。

 埼玉・さいたま市で行われた会見で、森理事長は「日本にしかない部活動制度が、限界になってきているという世の中の背景があり、部活動から地域スポーツクラブへの移行は国も提言しています。偏った教育でなく文武両道で体も頭も鍛え、社会に通用する人材の育成を目指します」と抱負を述べた。

 同クラブでは本格的な始動を前に今月26日、埼玉・さいたま市の同校体育館で「第1回関東野球フォーラム2021 in 埼玉~子どもの未来を拓く~」を開催。前ソフトバンク監督の工藤公康氏、同校OBのロッテ・小島和哉投手らが講演を行う。詳細は、同クラブホームページhttps://frmsc.jp/まで。

(スポーツ報知)

浦和学院前野球部監督の森士氏が理事長のNPO法人が活動開始へ

森士氏(浦和学院前野球部監督)は、NPOの今後の活動を説明した

 今夏限りで浦和学院高(埼玉)の監督を退任した森士氏(57)が理事長を務めるNPO(特定非営利活動法人)「ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」が12日、さいたま市内でスクール開設など今後の活動について発表した。浦和学院の監督として2015年選抜大会優勝など甲子園に21回導き、現在同校副校長を務める森氏は、地域スポーツ振興などのためNPOを2013年に立ち上げていた。

 次世代を担う青少年がスポーツを通じてSDGsに貢献する人材育成、指導者育成を目的に活動するもので、浦和学院高のグラウンドを開放し、小中学生、指導者医療専門家らを招いての野球だけでなく全般的なスポーツ競技、トレーニング、医療、食育などを学ぶ機会を作り、将来的には、小学生から老人まで世代を超えたスポーツコミュニティーの形成を描いている。

 まず、試験的に始まっている中学生を対象にしたスクール(週2回=3時間の内1時間15分野球、食事30分、1時間15分勉強)を4月から、野球は浦和学院野球部OB、勉強は文武両道を貫いてきた大学生やOBらを講師として本格的にスタートする方向。

 今月26日には、同校体育館で前ソフトバンク監督の工藤公康氏らを講師にしたキックオフイベントを開催する。

(サンスポ)

浦和学院高、森士前監督、NPO法人設立 人材育成へ新たな船出

設立会見に臨むNPO法人「ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」の森士理事長=12日午後、さいたま市内

 浦和学院高校野球部を30年間にわたって指揮し、今夏の全国高校野球選手権大会を最後に退任した森士前監督が理事長を務めるNPO法人「ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」が設立され、12日、さいたま市内で会見を行った。

 教え子から贈られた赤いネクタイを着用した森理事長は、「部活動から地域スポーツクラブへと、大きな変革期を迎えている。そこに勉学を取り入れながら、社会的に通用していく人材を育成したい」と抱負を語った。同クラブは、次世代を担う青少年がスポーツを通じて国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する人材となるように育てるとともに、指導者の育成も目指している。

 年明けに本格始動し、同校グラウンドなどを利用して、1日3時間、週2回の活動を行う。学習指導にも取り組み、3時間のうち、野球と勉強でそれぞれ1時間15分のカリキュラムを組む。技術指導は同校OBや元プロ野球楽天2軍監督の松井優典氏、元巨人2軍監督の内田順三氏らが担当。既に試験的に活動が始まっており、中学生約30人が通っている。来年1月の本格スタート時に40~50人、同4月には100人規模に拡大する予定。

 森理事長にとって、地域スポーツへの貢献は長年温めていた構想だった。父の故克さんが旧浦和市のスポーツ少年団で初代委員長を務めたこともあり、森理事長は同校野球部コーチ時代に少年野球チームの朝練を指導した経験がある。「最初は父のため、恩返しのつもりでやっていたことが指導の原点になっている。いつか自分のルーツというか、原点に恩返しできればと思っていた」と、NPO設立の動機を述べた。

 26日には、同校体育館で「第1回関東野球フォーラム2021in埼玉~子どもの未来を拓(ひら)く~」を開催する。ソフトバンク前監督の工藤公康氏、同校OBでロッテの小島和哉投手らを講師に招いて講演会を実施。現在、参加者を募集している。詳細は、同クラブホームページ(https://frmsc.jp/)へ。

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。