試合速報はこちら

浦和学院・森士前監督が理事長のNPO、BC埼玉らタッグで「こども食堂応援プロジェクト」

【写真】「こども食堂応援プロジェクト」会見に出席した左からファイアーレッズメディカルスポーツクラブ森理事長、レジデンシャル不動産内田代表取締役、BC・埼玉角代表取締役

 浦和学院の森士前監督(57)が理事長を務める「NPO法人ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」と独立リーグのBC・埼玉、株式会社レジデンシャル不動産(本社さいたま市)が共同してスタートする「こども食堂応援プロジェクト」について7日、さいたま市内で会見が行われた。

 レジデンシャル不動産が支援している「こども食堂」を利用する子どもたちに、スポーツ指導を通じて楽しさを伝える取り組み。森理事長は「スポーツを通じた人材育成をしていきたい。協力して、地域貢献をしていきたい」と話した。

 球場での野球教室は、今年は1、2回の開催を予定。こども食堂を訪問してのスポーツ指導も計画している。全国14ケ所のこども食堂への寄付を行っているレジデンシャル不動産の内田広輝代表取締役社長は「社員がこどもたちと接する中で、外で一緒に運動できないかという声が多かった。野球で何かできないか、というところがスタートでした」と経緯を説明した。

 子どもたちにスポーツを指導する意義について、BC・埼玉の角晃多代表取締役は「地域の中でリーダーを作るのが意義。リーグ、球団のコンセプトでもある野球人口の増加に寄与すること、人前に出て発信することで人材育成していきたい」と話した。森理事長は「コロナ禍で外に出る機会もだんだん少なくなり、スポーツをする機会が減っている。子どもの環境に少しでも表に出て引っ張っていってあげる環境をつくりたい。子どもたちの遊び場を提供して、食育もする環境を手始めに、野球に興味を持ってもらうきっかけを作りたい」と意気込んでいた。

(日刊スポーツ)

浦和学院・森士前監督が理事長のNPO法人が「こども食堂」の支援へ

 浦和学院高の前監督・森士(おさむ)氏(57)が理事長を務めるNPO法人・ファイアーレッズメディカルスポーツクラブが、埼玉を拠点に事業を展開するレジデンシャル不動産、BCリーグの武蔵ヒートベアーズと協力し、「こども食堂 応援プロジェクト」を展開することになった。

 7日、埼玉・さいたま市内での会見に出席した森氏は「いろいろな環境にいる子供たちに、質の高い平等な教育を施していく。スポーツの普及という意味でも、働きかけが出来れば」と話した。

 「こども食堂」は、地域住民や自治体が主体となり、無料または低価格で子供たちに食事を提供する場。レジデンシャル不動産は、全国で計14か所の食堂に寄付活動を行い、さいたま市内の1か所の食堂には、社員が実際に足を運んで交流している。これにスポーツを組み合わせた支援を、ファイアーレッズメディカルスポーツクラブと武蔵ヒートベアーズに提案。スポーツによる青少年の健全育成や地域貢献など目的が合致し、賛同を得たという。

 今後の活動は、さいたま市内の「こども食堂」にファイアーレッズメディカルスポーツクラブと武蔵ヒートベアーズの関係者が足を運ぶか、レジデンシャル不動産がネーミングライツを得ている「レジデンシャルスタジアム大宮」に子供たちを招待してのスポーツ交流を予定している。

(スポーツ報知)

コメントを残す

error: Content is protected !!