試合速報はこちら

浦和学院、春日部東に圧勝 三上が2試合連続の代打本塁打

【写真】浦和学院・三上栞汰内野手は、代打で2試合連続本塁打を放ち、ナインに迎えられる姿が頭越しに見えた

 第5日は3回戦5試合を行い、浦和学院、花咲徳栄、上尾、浦和実、西武台がベスト8入りした。

 西武台はCシード大宮東に3-0で完封勝利。シード勢は浦和学院が13-0で春日部東に、花咲徳栄は東農大三に10-0でともに五回コールド勝ちした。上尾は11-4で星野を七回コールドで退け、浦和実は8-6で早大本庄を下した。

 市浦和-狭山清陵、川越東-山村学園、市川越-武南の3試合は、降雨のため30日に順延となった。

(埼玉新聞)

浦和学院、春日部東に圧勝 三上が2試合連続の代打本塁打

 選抜大会4強の浦和学院は、代打・三上栞汰(かんた)内野手(3年)の2試合連続の代打本塁打など計14安打でで13点を奪い、五回コールド勝ちし、8強入りした。

 四回1死、一、二塁で泳ぎながら左中間に3ランを放った三上は、「追い込まれて、真っすぐはないと思っていて、アウトコース高めの変化球、チェンジアップ。ちょっと先だったけど、打球が伸びていった」と笑顔を見せた。

 25日の本庄戦で公式戦初出場、初打席で左越え本塁打を放ち、192センチ、103キロの右打ちで目標とする打者のオリックス・杉本裕太郎外野手と体型的にも似ており、代打で2試合連続で柵越えを放ち、一塁の控えの〝ラオウ〟から、次のチャンスを見据える。

 森大監督は、「(背番号21の)三上や他の選手が結果を出して、競争が生まれ、相乗効果になっている」と快勝に手ごたえを感じている。

(サンスポ)

センバツはベンチ外”未完の大器”が本領発揮 浦和学院の巨漢三上が2戦連発

2試合連続弾で迎えられた浦和学院の三上栞汰内野手

 春季高校野球の埼玉県大会は大宮公園野球場で3回戦を行い、昨秋王者で今春センバツ4強の浦和学院、昨秋準優勝の花咲徳栄がともに5回コールド勝ちで8強に進んだ。浦和学院は、センバツはベンチ外だった巨漢の三上栞汰(かんた)内野手(3年)が2試合連続本塁打を放つなどして13-0で春日部東を圧倒した。

 未完の大器が本領を発揮した。浦和学院は4回1死一、二塁で代打の三上が左中間にリードを13点にする3ラン。今春センバツはベンチ外だったが192センチ、97キロの飛ばし屋。外角のチェンジアップを力で運んだ。

 この大会初戦の本庄戦でも代打で公式戦初打席アーチで2試合連発。「きょうはいい感触ではなかったけど、よく伸びてくれました。飛ばすのが自分の持ち味と思ってます」と胸を張った。まだまだ粗削りながら、森監督は「(初戦で)1本打っていいイメージで打っている。もう少し一塁守備の練習もしてくれたらもっといい」と笑った。

(中日スポーツ)

試合結果

春季県大会・3回戦(4/29・県営大宮)

TEAM123456789
春日部東00000    0
浦和学院2065x    13
(5回コールド)
【浦】芳野、月野-高山、近内
【春】東、蔀-鈴木
三上(浦)
大勝、伊丹(浦)
八谷(浦)

浦学スタメン

打順位置選手名学年
1小林2
2大内3
3大勝3
4伊丹3
5高山3
6八谷3
7三井1
8芳野3
9三宅3

コメントを残す

error: Content is protected !!