試合速報はこちら

浦和学院が準決勝進出 高山が高校通算23号の3ラン

【写真】七回、左中間へ3ランを放つ浦和学院の高山

 第7日は準々決勝を行い、浦和学院、山村学園、上尾、市川越が準決勝に進出した。市川越は5年ぶり、山村学園は3年ぶり、浦和学院と上尾は2年連続の4強となる。

 山村学園は四回に打者一巡の攻撃で5点を奪い、5-4でAシード花咲徳栄を下した。0-1の四回に高野の適時打で同点。続く山田浩の適時打と敵失で勝ち越した。

 Bシード上尾は、3安打6打点の小川の活躍もあり、13-6で狭山清陵に打ち勝った。六回には、中村の3点三塁打などでこの回5点を奪い突き放した。

 市川越は先発の藤井が7回無失点と好投し、2-1で浦和実に競り勝った。Aシード浦和学院は、12安打7得点と打線が奮起し、7-2で西武台に勝利した。

 休養日を1日挟み、第8日は3日、県営大宮で準決勝が実施され、浦和学院-上尾(10時)、市川越-山村学園(12時30分)のカードで争われる。

投打好調で7得点快勝

 浦和学院は、選抜大会さながらに打線が好調。12安打7得点と快音を響かせた。森監督は「緊迫した中でうちの打線が勝ち越したのがよかった」とほほ笑んだ。

 1-1の三回無死二塁から小林の投前バントが野選と敵失になり、勝ち越し。極めつきは、七回無死一、三塁から5番高山が「少し詰まった感じだった」と言いつつも、内角高めのチェンジアップを逆らわずに左中間へ。打球はフェンスを越えて3ランとなり、西武台を突き放した。

 投手陣の調子も右肩上がり。先発浅田が6回2失点と役割を果たし、捕手の高山は「真っすぐの質が良くなっている」と投打に順調だ。

(埼玉新聞)

浦和学院が準決勝進出 高山が高校通算23号3ラン

 今春センバツで4強入りした浦和学院が西武台を下し、準決勝に駒を進めた。

 4-2で迎えた七回にプロ注目の高山維月捕手(3年)が高校通算23号となる左中間へ3ランでダメ押し。「詰まっていたので外野の頭を越えるかなと思ったけど、芯を食っていたので飛んだ」とうなずいた。

 投手陣は先発の浅田康成投手(3年)が6回6安打2失点と粘投。七回からは金田優太投手兼内野手(3年)、九回はエースの宮城誇南投手(3年)が、ともに今大会初出場で無失点に抑えた。1回無安打1奪三振だった宮城は「調子よく来ている」とし、センバツ以来の公式戦登板に「球の出はよかったけど、うわずってしまった部分があった。いかに低めに投げきれるかが今後相手のレベルがもっと上がったときに必要」と次戦以降につなげることを誓った。

浦和学院が準決勝へ プロ注目の高山がダメ押し3ラン「絶対に優勝する」

 今春センバツで4強入りした浦和学院が西武台を下し、準決勝に駒を進めた。プロ注目の高山維月捕手(3年)が高校通算23号を含む4打数3安打4打点とけん引した。

 完全に流れをつかむ一発だった。2点リードの七回無死一、三塁で左中間へダメ押しの3ラン。逆方向へ打球を運び「詰まっていたので外野の頭を越えるくらいかなと思ったけど、芯で捉えていたので飛んだ」とうなずいた。

 プロも注目する強肩強打が売りだ。センバツでは1回戦・大分舞鶴戦で大会第1号を放つなど大活躍。ただ、「甲子園は甲子園」と今大会も慢心はない。「春は夏の第1シードを取るために絶対に優勝するとチームで決めている」。すべては夏へのステップにすぎない。

高山維月(たかやま・いつき)

 2004年11月29日生まれ、17歳。福岡県福岡市出身。180センチ、70キロ。右投げ左打ち。捕手。玉川小2年から玉川スポーツ少年団で野球を始め、春吉中では志免ボーイズでプレー。浦和学院では1年秋から外野手としてベンチ入りし、2年秋から正捕手。高校通算23本塁打。

(デイリースポーツ)

試合結果

春季県大会・準々決勝(5/1・県営大宮)

TEAM123456789HE
西武台010001000291
浦和学院01201030x7120
【浦】浅田、金田、宮城-高山
【西】渡邊新、松原、福本、岩崎-松山
高山(浦)
三宅、大内、大勝(浦)内藤、岩本、青山(西)

打撃成績

 浦和学院
位置選手名打数安打打点
小林200
H三上100
8江口000
伊丹410
大勝320
1宮城000
鍋倉410
高山434
八谷411
三宅211
H藤野100
97喜屋武110
浅田100
H16金田210
大内310
32126
 西武台
位置選手名打数安打打点
金田400
太田410
岩本410
青山421
内藤420
杉本300
渡邊新100
1松原100
1福本110
1岩崎000
H一郷100
松山311
野村210
R7佐々木100
3392

投手成績

 浦和学院
選手名打者安打三振四死失点自責
浅田62463122
金田2832000
宮城1301000
93596122
 西武台
選手名打者安打三振四死失点自責
渡邊新2 1/31242122
松原2 2/31322321
福本1 1/31050133
岩崎1 2/3610000
841124576

チーム成績

TEAM攻撃守備
三振四死球犠打盗塁残塁失策併殺
浦和学院45411000
西武台6110610

浦和学院は12安打7得点と打線が奮起し、西武台を下した。1-1の三回に小林の投前バントが野選と敵失になり、勝ち越し。七回には高山の3ランで突き放した。西武台は4人の継投を図るものの、投手陣がつかまった。

コメントを残す

error: Content is protected !!