試合速報はこちら

浦和学院、山梨学院にコールド勝ちで決勝進出 宮城が7回3安打無失点 春季関東大会

【写真】浦和学院先発の宮城誇南

 第5日は準決勝を行い、浦和学院が山梨学院(山梨1位)に7-0の七回コールド勝ちし、5年ぶりに決勝進出を決めた。山村学園は、関東第一(東京1位)に2-9の七回コールド負けした。

 浦和学院は打線が10安打7得点、エース宮城が7回3安打無失点と投打で圧倒。二回2死二塁から三宅の適時三塁打で先制。三回1死二塁から伊丹、金田の連続タイムリーと鍋倉の中犠飛で3点加えた。四、六回にも追加点を挙げて突き放した。

 一回に先制した山村学園は、その裏に打者一巡の猛攻を受けて5失点。計9失点し、打線は七回無死満塁の好機で一本が出なかった。

 最終日は29日に同球場で決勝を行い、浦和学院-関東第一が顔を合わせる(10時)。

投打に成長実感

3回表浦和学院1死二塁、金田の右越えフェンス直撃の適時三塁打で追加点を奪う。捕手佐仲

 ブラスバンドの応援を上回る快音を響かせた浦和学院が、昨秋の関東大会で敗れた山梨学院に雪辱。森監督は「冬は(山梨学院先発のエース)榎谷君を打ち崩すための取り組みもあった。対策通り捉えてくれた」と選手たちを褒めた。

 昨秋は榎谷から5安打8三振で2得点しか奪うことができなかった。2-2の延長十回に5点を失い、勝ち越された。約半年ぶりの再戦で、浦和学院ナインの成長が感じられる試合だった。

 1-0の三回、1死二塁から2番伊丹が「前回は強いストレートに負けた。振り抜くことを意識した」と鋭いスイングで左前適時打。続く3番金田もフルスイングでフェンス直撃の右越え適時三塁打を放つなど、力負けしない振りを見せた。

 投手力もアップし、エース宮城が緩急を巧みに操り3安打無失点。前回は14安打を浴びた打線を抑え込んだ。5年ぶりの春の関東王者へあと1勝。宮城は「ここまで来たら関東ナンバーワンを目指す」と頂点を見据えた。

監督の助言で3安打1打点 三宅

2回表浦和学院2死二塁、中越えの適時三塁打を放って先制点を奪い、ガッツポーズする三宅。投手榎谷

 関東大会では初めて先発に名を連ねた7番三宅が、3安打1打点で決勝進出に貢献。「そろそろ結果を出したかった」と満面の笑みを見せた。

 「流れを変えてくれた」と森監督をうならせたのは、二回2死二塁の第1打席だった。「内角を張ればいい」と指揮官の助言通り、内角低めのスライダーを捉えた打球は、中堅手の頭を越える適時三塁打。「一本出て楽になった」と2、3打席目も安打を重ねた。「出番がきたらすぐいけるように」と左翼手の定位置確保に意欲を燃やした。

(埼玉新聞)

浦和学院エース・宮城が7回3安打無失点で決勝進出に貢献「ここまできたからには関東ナンバーワンに」

 今春センバツ4強の浦和学院(埼玉)が山梨学院(山梨)を七回コールドで下し、決勝進出を決めた。先発したエース・宮城誇南投手(3年)が7回3安打無失点と好投。打線は10安打7得点と投打がかみ合い、快勝した。

 昨秋の関東大会で敗れた相手にリベンジを果たした。エース・宮城が安定感ある投球を披露。「とにかく試合を作るというところにテーマを置いて投げた結果が、結果として付いてきた」と制球力重視で投げ込み、山梨学院打線に的を絞らせなかった。

 前回登板した24日の準々決勝・明秀学園日立戦(茨城)では5回7安打5失点で降板。チームは勝利したものの、自身も失策するなど打ち込まれ、「自分の悪いところが全て出た試合だったけど、逆に気づいて学べた試合だった」。中3日で修正し、エースとしての役割を果たした。

 森大監督も「(今日の)宮城は一球一球大事に投げていた。(前回から)修正できたのが彼の成長」とエースの投球にうなずいた。5年ぶりの春の関東頂点まであと一つ。宮城は「ここまできたからには優勝して関東のナンバーワンになりたい」と力を込めた。

(デイリースポーツ)

浦和学院が7回コールドで決勝進出 山梨学院にリベンジ果たす 宮城7回3安打無失点4奪三振

2回表浦和学院2死二塁、中越え先制適時三塁打を放ちガッツポーズで喜ぶ三宅

 浦和学院(埼玉1位)が、昨秋、関東大会準決勝で敗れた山梨学院(山梨1位)に7回コールドで雪辱した。

 2回、山梨学院先発のエース・榎谷礼央投手(3年)の失策に犠打を絡めて2死二塁とすると、7番三宅流架外野手(3年)の中越え適時三塁打で先制した。3回にも、四球と盗塁の1死二塁から、2連打と中犠飛で3点。4回には、2連打からセーフティースクイズと長打で2点。この春、チームが取り組んできたテーマ「小技と機動力」で効果的に得点を重ね勝利につなげた。

 森大監督(31)は「(山梨学院)の榎谷投手を打ち崩すために秋から取り組んできた。今日はしっかり狙い球を捉えてくれた。すごく評価できる」と選手たちを評価した上で、「理想的なゲーム展開をすることができました」と加えた。

 攻撃のリズムを作ったのは、先発のエース・宮城誇南投手(3年)だ。真っすぐとチェンジアップを軸に打たせてとり、7回3安打4奪三振。無失点に抑えた。

 反省を生かし、修正した。準々決勝の明秀学園日立(茨城1位)戦では、先発するも四死球3と制球が安定せず。力みが出て、5回を投げ7安打5失点。「自分にとって、衝撃的な結果。自分の悪いところが全部出た試合でした」と振り返った。

 失敗を成長に変えた。準々決勝の試合後、森監督に「この試合を学びに変え、何かに気づけたら、損ではないからね」と声をかけられ、気持ちを切り替えた。制球を意識し、丁寧に投げ込み、調整。この試合は、3ボールになっても四球は出さない。「粘り強く投げられたことが大きい」と胸を張った。

 昨秋、関東大会の優勝チーム(明秀学園日立)、準優勝チーム(山梨学院)を破り、成長を続ける宮城。「優勝して、関東ナンバーワンになりたいです」と力強く話した。

(日刊スポーツ)

浦和学院がコールド勝ちで決勝進出

浦和学院・三宅流架外野手は山梨学院戦先制の中越え適時三塁打を放ち、三塁ベース上でガッツポーズ

 今春の選抜大会4強の浦和学院が2試合連続2桁安打となる10安打を放ち、七回コールド勝ちで5年ぶり7度目の決勝進出を果たした。

 「7番・左翼」でスタメン出場の三宅流架外野手(3年)が、一回2死二塁で先制の中越え適時三塁打。三宅は四回に右前打、六回に中前打を放って3打数3安打1打点と活躍した。

 浦和学院は昨秋の関東大会準決勝で敗れた山梨学院に雪辱。選抜大会で背番号16だった三宅は今春の県大会から7。関東大会初スタメンで勝利に貢献し「結果を出さないと、ようやく取れた7番をつけられなくなります。継続が大事です」と表情を引き締めた。

 左腕の宮城誇南投手(3年)は7回3安打無失点の好投。「ここまできたからには関東ナンバーワンになりたいです」と優勝に意欲をみせた。

(サンスポ)

浦和学院が決勝進出 7回コールドで山梨学院に昨秋関東大会のリベンジ エース・宮城が7回零封

 浦和学院が山梨学院を7回コールドで下した。昨秋関東大会で敗れた相手にリベンジを果たし、決勝進出した。

 序盤から効果的に得点を重ね、4回までに6得点と圧倒した。先発したエース左腕の宮城誇南(3年)は7回3安打無失点と好投。準々決勝の明秀学園日立戦では5回5失点3四死球と乱れただけに「前回羽打ち込まれる形だった。試合をつくることをテーマに投げて、その結果が付いてきた」と振り返った。

 29日の決勝に向け「ここまできたら関東ナンバー1になりたい」と力を込めた。

(スポニチ)

浦和学院が5年ぶりV王手 三宅が3打数3安打

先制打を放つ三宅流架(るか)

 センバツ4強の浦和学院が山梨学院に7-0の7回コールドで快勝。昨秋の関東大会準決勝で敗れた相手にリベンジし、春5年ぶりの優勝に王手をかけた。「7番・レフト」で先発出場した三宅流架(るか、3年)が先制打を含む3打数3安打1打点。レギュラー死守へ猛アピールした。

 「ここまではチームの足を引っ張ってしまった。この試合で勝利につながる仕事を」。最初のチャンスは2回。2死二塁で打席に立つと、狙っていたスライダーを捉えて左中間へ先制の適時三塁打を放った。「早く1本出したかったので、気が楽になった」と4回には右前打。6回にも中前打で追加点を演出した。

 センバツでは背番号16。代走や守備でチームの躍進を支えた。冬場の努力が実って今春の埼玉県大会から背番号7を獲得し、スタメン出場。しかし、関東大会に入るとスタメンから外れ、準々決勝までの2試合は途中出場で無安打と危機感を募らせていた。「やっとつかんだ背番号。攻めの姿勢で結果を出さないと。継続が大事なので」。打撃の好感触もつかみ取り、次の出番に備える。

浦和学院5年ぶり決勝進出 エース・宮城誇南が3安打完封

完封した宮城誇南

 浦和学院が山梨学院を攻守で圧倒。昨秋の関東大会準決勝で敗れた相手にリベンジし、5年ぶりの決勝進出を決めた。

 2回に三宅流架(るか)左翼手(3年)の中越え三塁打で先制。その後も効果的に追加点を挙げた。投げては左腕エース・宮城誇南(こなん、3年)が7回を3安打、4奪三振で完封した。

 今度こそエースらしい投球を―。宮城は130キロ後半の直球、スライダー、チェンジアップを丁寧に投げ分け、好調だった山梨学院打線を封じ込めた。「昨秋のリベンジの意識はもちろんあった。試合をしっかり作るイメージで投げて、それがいい結果になって良かった」と笑顔で振り返った。

 抜群の修正力を見せた。24日の準々決勝、明秀日立戦に先発するも力みが目立ち、自身の失策も絡んで5回7安打5失点とふがいない内容で降板。「出力が上がった分、精度、制球力が落ちていた。慎重にもなり過ぎた」。自身の投球を分析し、3日間で見事に立て直した。

 森大監督(31)は「本調子ではなかったと思うが、しっかり打たせて取っていた。一球一球丁寧に投げてくれた」と目を細めた。5年ぶりとなる春の関東制覇に向け、宮城は「ここまでこれたので、優勝して関東ナンバーワンになりたい」と意気込んだ。

(スポーツ報知)

浦学が圧倒 決勝へ「つなげる打撃」光る

 フルスイングの超攻撃型野球だけが、浦和学院ではない。小技でつなぐこともできる。昨秋の関東大会で敗れた山梨学院を相手に、そのことを印象づけた。

 一回、1死から敵失と犠打で2死二塁とする。ここで7番打者の三宅が中越えに適時三塁打を放って先制した。7点のうち4点で犠打が絡み、下位打線も3打点を挙げた。

 選抜大会後、森大監督がテーマに掲げたのは、小技と機動力で下位打線からも点を挙げること。三宅は「持ち味はつなげる打撃」と語る。それを体現した試合になった。

(朝日新聞埼玉版)

試合結果

春季関東大会・準決勝(5/28・宇都宮清原球場)

TEAM123456789HE
浦和学院0132010  7100
山梨学院0000000  031
【浦】宮城-高山
【山】榎谷、川口、山田-佐仲
三宅、金田、小林(浦)

打撃成績

 浦和学院
位置選手名打数安打打点
小林311
伊丹421
金田411
鍋倉311
高山400
八谷210
三宅331
宮城200
大内212
27107
 山梨学院
位置選手名打数安打打点
鈴木310
進藤300
岩田200
1山田000
高橋310
相澤310
岳原200
H山本100
佐仲300
澁谷100
榎谷000
1川口000
H8星野100
2230

投手成績

 浦和学院
選手名安打三振四球死球失点自責
宮城7341100
7341100
 山梨学院
選手名安打三振四球死球失点自責
榎谷3 2/3611065
川口2 1/3220011
山田1200000
71031076

チーム成績

TEAM攻撃守備
三振四死球犠打盗塁残塁失策併殺
浦和学院3141401
山梨学院4210411

浦和学院が山梨学院を投打で圧倒し、七回コールド勝ちした。浦和学院は二回、2死二塁から三宅が先制の中越え適時三塁打。4-0の四回には大内のスクイズと小林の適時三塁打で2点を加え、六回にも大内の適時打でリードを広げた。先発宮城は7回3安打無失点と好投。三回まで無安打に抑え、四回以降も緩急を駆使してピンチをしのいだ。

コメントを残す

error: Content is protected !!