試合速報はこちら

浦和学院、初戦は浦和東と対戦 八谷晟歩主将「夏はレベルアップしないと勝てないチームばかり」

【写真】ボールを片手に記念撮影に応じたシード4校の主将(左から浦和学院・八谷晟歩、市川越・関盛宏、上尾・金丸健司、山村学園・坪井蒼汰)

 第104回全国高校野球選手権埼玉大会(7月8日開幕)の組み合わせ抽選会が15日、県内で行われた。

 今春センバツ4強、春季関東大会王者の浦和学院は浦和東と初戦が決まった。宮城誇南投手(3年)、高山維月捕手(3年)、金田優太内野手(3年)と3人のU18日本代表候補選手を擁し、3季連続の甲子園出場を目指す。

 昨秋県準優勝、2017年(平29)夏甲子園優勝の花咲徳栄は武蔵越生と対戦。3年ぶりの甲子園出場を目指す。

 昨秋、今春と連続で県4強入りを果たした上尾は吉川美南と対戦。公立勢としては1998年(平10)の滑川(現・滑川総合)以来24年ぶり、同校としては38年ぶりの夏制覇に挑む。

 ノーシードの春日部共栄は深谷一と初戦。勝てば昨夏準優勝の昌平と対戦が決まり、ノーシード同士の注目対決となる。

 開会式は7月8日、大宮公園野球場で行われる。3年ぶりに全出場校が参加し、行進をする。

浦和学院は「超攻撃型野球」で優勝候補筆頭、花咲徳栄は3年ぶり甲子園目指す

第104回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が15日、行われた

 今春まで4季連続県王者の浦和学院は投打に安定し、優勝候補筆頭に挙がる。エース宮城誇南投手(3年)は制球力が光り、攻撃では金田優太内野手(3年)、高山維月捕手(3年)らを軸とした「超攻撃型野球」を展開する。

 プロ注目のエース右腕・金子翔柾投手(3年)、藤田大清外野手(3年)を擁する花咲徳栄は3年ぶりの夏甲子園を目指す。

 今春の関東大会で作新学院を破り4強入りした山村学園、昨秋、今春ともに準決勝で浦和学院に敗れた公立の伝統校・上尾にも期待がかかる。

 14年以来の夏甲子園を目指す春日部共栄は2回戦で、新型コロナウイルスの影響で今春県大会は不戦敗となった昌平と対戦。ともにノーシードながら序盤戦屈指の好カードとなる。

浦和学院・八谷晟歩主将「夏はレベルアップしないと勝てないチームばかり」

今春センバツ4強の浦和学院は浦和東と初戦を迎える

 浦和学院は今春センバツ4強、春季関東大会王者が3季連続の甲子園出場をねらう。

 浦和東との対戦が決まり、八谷晟歩主将(3年)は「どこも浦学をつぶしにくる。まずは埼玉を制するように頑張ります」と力を込めた。現在は昨秋からテーマに掲げる「超攻撃型野球」のさらなる進化に力を入れる。「夏はレベルアップしないと勝てないチームばかり。もう一段階レベルアップした浦学野球を見せたい」と意気込んだ。

(日刊スポーツ)

高校野球・埼玉大会組み合わせ決定 選抜4強の浦和学院は浦和東と対戦

 第104回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が15日、レイボックホール(さいたま市大宮区)で開催された。159校147チームが出場し、7月8日の開幕から26日の決勝まで、埼玉県営大宮公園野球場(さいたま市大宮区)など計9球場で熱戦を繰り広げる。全試合有観客で開催し、条件付きでブラスバンドによる応援も認める。

 抽選会には各校の主将らが出席。選抜大会4強で春季県大会を制した浦和学院はAシードに入り、10日の2回戦で浦和東と対戦する。浦学の八谷晟歩(はちや・せいほ)主将(3年)は「どのチームも対策を徹底して襲いかかってくる。(モットーの)『超攻撃型野球』に磨きをかけて県大会を制したい」と語った。

 開会式では3年ぶりに全チームの選手が入場行進する。開会式で選手宣誓を務めるふじみ野の後藤航雅主将(3年)は「監督や保護者に感謝の気持ちが伝わる宣誓ができたら」と意気込んだ。

 県高野連は新型コロナ対策としてマスクの着用や拍手での応援など基本的な感染対策を各学校に徹底。試合は延長12回を終了して同点の場合は「タイブレーク制」を採用する。優勝チームは、8月6日に甲子園球場で開幕する全国大会に出場する。

 コロナ禍とはいえ、夏の大会らしさが戻ってくる。総合力の高さがものを言う夏、浦和学院が経験値で一歩抜けている。春季関東大会で7年ぶりに優勝。左腕エース、宮城誇南(3年)を擁する投手陣が安定する。「超攻撃型野球」を標榜(ひょうぼう)する打線は相手にとって脅威だろう。チームを率いる森大監督の継投策にも注目したい。

 近年、確実に力をつけてきた山村学園。春季関東大会準決勝で関東一(東京)にコールド負けを喫したが、関東2勝で自信をつけた。投手力の整備が今大会の鍵になる。

 平成29年夏、県勢初の全国制覇を遂げた花咲徳栄にとっては、そろそろ意地を見せたい。春季県大会準々決勝で山村学園に惜敗したが、戦力的には互角。投打のバランスが取れた強豪の復活に期待したい。

(産経新聞埼玉版)

選抜4強の浦和学院は初戦で浦和東と対戦 夏の高校野球埼玉大会

 第104回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、さいたま市内であり、今春の選抜大会4強で春の関東大会を制したAシードの浦和学院は2回戦から登場し、浦和東と対戦する。

 浦和学院の八谷晟歩主将(3年)は「チームとしては良い状態で大会を迎える。全員で最後の夏に向かっていきたい」と語った。

 昨秋の県大会準優勝で2017年に全国制覇した花咲徳栄は、初戦の2回戦で武蔵越生と対戦。順当にいけば、準決勝で浦和学院とぶつかるブロックに入った。

 春の関東大会で4強入りしたAシードの山村学園は2回戦から登場し、深谷商と対戦。秋春連続で県4強入りしたBシードの古豪・上尾は、前回大会準優勝の昌平や選手権大会準優勝の経験がある春日部共栄など強豪がひしめくブロックに入った。昌平は2回戦で、春日部共栄と深谷一の勝者と対戦する。

 大会は7月8日に開幕。開幕戦は三郷北-草加西。決勝戦は7月26日午前10時から、県営大宮球場(さいたま市)で行う予定。

花咲徳栄、山村学園が追う

 今春選抜4強で、春の関東大会を制した浦和学院が一歩リードする。全国制覇の経験のある花咲徳栄、春の関東大会4強の山村学園が追う。

 2連覇がかかる浦和学院は選抜で好投したエース左腕・宮城が安定し、打線も伊丹、金田、高山らを中心に対応力が高い。関東大会では浅田や芳野ら控え投手も台頭し、選手層も厚くなった。昨秋の県大会決勝で浦和学院に敗れた花咲徳栄は、エース右腕の金子を中心に挑む。山村学園は関東大会で計5打点を挙げた坪井ら中軸が強力だ。

 秋春ともに県4強の上尾、春の県4強の市川越など公立勢も24年ぶりの代表の座をうかがう。昨夏準優勝の昌平なども上位を狙える。

(朝日新聞電子版)

夏の高校野球埼玉大会 浦和学院の初戦は浦和東 初V狙う山村学園は深谷商と対戦

 第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)の埼玉大会の抽選会が15日、さいたま市内で行われた。

 春夏通じて初の甲子園出場を目指す山村学園は、深谷商との初戦が決まった。春の関東大会で2本塁打を放ち、4強入りに貢献したプロ注目の右打者・坪井蒼汰主将(3年)は「気持ちが高ぶって、今は楽しみでしかない。山村は強くなってきているので、あとは甲子園だけ。自分たちの代で行きたい」と誓った。

 今春選抜で4強入りし、5季連続の県大会優勝を目指す浦和学院は、初戦で浦和東と対戦。八谷晟歩主将(3年)は「いい状態で大会を迎える。どこのチームも浦学をつぶしにくると思う。レベルアップした浦学野球を見せられればと思います」と自信をのぞかせた。

 第104回大会にちなみ、「104番」の抽選番号を引き当て、選手宣誓をすることになったふじみ野の後藤航雅主将(3年)は「(選手宣誓は)人生初。自分に務まるか不安だが、あまりない経験なのでうれしい。チームとしての目標は8強」と話した。

(スポニチ)

浦和学院は浦和東と初戦 八谷主将「もう一度甲子園に帰りたい」

初戦に向けてガッツポーズで意気込む浦和学院・八谷

 第104回全国高等学校野球選手権埼玉大会(7月8日開幕)の組み合わせ抽選会が15日、さいたま市内で行われた。

 今春センバツで4強入りし、第1シードの浦和学院は浦和東と初戦を戦う。主将の八谷晟歩内野手(3年)は「もう一度甲子園に帰りたいという気持ちでやっている。どこのチームも浦学をつぶしにくると思うのでそこに負けないようにまずは埼玉県を制したい」と意気込んだ。

 選手宣誓は104番を引いたふじみ野の後藤航雅主将(3年)に決定。決まった瞬間には会場から拍手が起き「大役が務まるか不安だったけど、人生にない経験なのでうれしい気持ちでいっぱいです」。川越初雁との初戦に向けては「地区も一緒なので何度か対戦したこともある。勝てる勝てないは別として勝つことに執着して頑張っていきたい」と力を込めた。

(デイリースポーツ)

浦和学院の二刀流・金田優太、高校最後の夏は必ず日本一導く

 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕、甲子園)の出場権を懸けた埼玉大会の組み合わせ抽選が15日、さいたま市内で行われた。今春の選抜大会で4強入りした浦和学院は、初戦の2回戦で浦和東と対戦することが決定。この日はさいたま市の浦和学院グラウンドで二松学舎大付(東京)と練習試合を行い、4-2で競り勝った。

 組み合わせ抽選日に臨んだ二松学舎大付との練習試合。浦和学院でプロ注目の左打者、金田優太内野手(3年)は「3番・遊撃」で先発出場し、2安打をマーク。チームが勝ったにもかかわらず、首を振った。

 「1打席目と4打席目に(安打を)打てているけど、3打席目は完全に抑えられました」

 今春の選抜大会で本塁打を放った打撃と、抑え投手との二刀流で4強入りに貢献した。この日はヤクルト、楽天、DeNAのスカウトが視察する中、救援した八回に2安打1四球で2失点。投手としては「このままでは夏は厳しいと思いました」と不満顔だった。

 それでも森監督は二松学舎大付の左腕エース、布施を攻略しての勝利に「昨秋より(球の)切れが良くなった布施君に対して、よく攻めたと思う」と評価した。

 2年連続15度目となる夏の甲子園大会出場を懸けた戦いは7月10日に初戦(2回戦、対浦和東)を迎える。春の関東大会を制しており、優勝候補の筆頭だ。森監督は「一戦一戦ですね。(2019年まで5年連続出場の)花咲徳栄とは準決勝で当たる組み合わせで良かったと思う。投手も野手も、いろいろ試せている」と自信を示した。

金田優太(かねだ・ゆうた)

 2005(平成17)年2月12日生まれ、17歳。埼玉・川口市出身。小3から芝西中まで軟式でプレー。浦和学院高では2年春からベンチ入りし、2年夏と3年春に甲子園大会出場。遠投110メートルで、直球の最速は143キロ。50メートル6秒3。憧れはデレク・ジーター(元ヤンキース)。181センチ、76キロ。右投げ左打ち。家族は両親と姉。

(サンスポ)

コメントを残す

error: Content is protected !!