試合速報はこちら

浦学は浦和東と初戦 第104回全国高校野球埼玉大会、7月8日に開幕 大会展望

【写真】緊張した面持ちでくじを引く各チームの主将ら=15日午後、さいたま市大宮区のレイボックホール

 7月8日に開幕する第104回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が15日、さいたま市大宮区のレイボックホール(同市民会館おおみや)で行われ、出場147チーム(159校)の対戦カードが決まった。選抜大会4強のAシード浦和学院は県内5季連続優勝を懸け、初戦の2回戦で浦和東の挑戦を受ける。

 春季県大会準優勝のAシード山村学園は、2回戦で深谷商と対戦。同4強のBシード勢は、上尾が吉川美南、市川越が大宮武蔵野とそれぞれ顔を合わせる。

 選手宣誓は、第104回にちなんで、104番の抽選くじを引き当てたふじみ野の後藤航雅主将が務める。開会式後の開幕試合は、三郷北-草加西のカードになった。

 開会式は7月8日、県営大宮で午前11時から3年ぶりに全出場校が参加して実施。決勝は同26日に行われ、優勝校が全国高校野球選手権(8月6~22日・甲子園)に出場する。今大会は、開会式と開幕試合は入場無料。同9日以降の全ての試合が有料有観客で行われる。

浦学、優勝の筆頭格 強打健在、徳栄が対抗馬 大会展望

組み合わせが決まり、新たに気合を入れるA、Bシードの(左から)浦和学院・八谷晟歩主将、市川越・関盛宏主将、上尾・金丸健司主将、山村学園・坪井蒼汰主将

 旧さいたま市民会館おおみやから、今年4月に開館したレイボックホールに移って初めて行われた組み合わせ抽選会は、緊張感に包まれた。

 各校の主将が抽選ボックスから引いた番号の発表を、祈るように両手を握って耳を澄ませて聴く選手、どこのブロックに入るか固唾(かたず)をのんで見守る選手。選手宣誓がふじみ野に決まると会場は拍手が起こった。そして組み合わせが決まると、選手たちは本番に向けて夏を見据えた。

 今大会は、県内5季連続優勝を狙う浦和学院が優勝の筆頭格。だが、夏は波乱が付き物。現チームで黒星を喫した公式戦2試合は、ともに本格派右腕に苦戦し、延長の末に敗れた。粘り強く守って終盤勝負になれば、各チームに勝機が出てくる。

 その対抗馬になるのが最速145キロ右腕のエース金子を擁する花咲徳栄だ。ここ数年のようにプロ注目選手はいないが、強打は健在。春季関東大会4強の山村学園は、坪井と酒井の3、4番コンビにパンチ力がある。上尾は、倉持と川口の二枚看板に金丸、石川と投打に安定感十分。

 昌平、春日部共栄、聖望学園の私学勢がノーシードから巻き返せるか。また、伝統校を引き継ぎ初めての夏を迎える荒木監督が率いる川越工、室井監督が指揮する市川越にも注目だ。

 新型コロナウイルスが世界的流行した2020年の時に入学したのが、今年の3年生。公立校をはじめ、週3日の活動で1日2時間以内に練習が制限された時期が続いた。「もっと練習をさせてあげたい」と願う指導者の声を何度も聞いた。だからこそ最後の大舞台では、悔いがないように白球を追ってもらいたい。

県内初、5季連続Vを 浦和学院

 今春の選抜大会4強で、春季県大会、続く関東大会でともに優勝を飾ったAシード浦和学院は、初戦で浦和東と対戦が決定した。主将の八谷は「夏の初戦は緊張するから、最後の夏に向けて全員で一つになって臨みたい」と気合十分だ。

 投打ともに準備は整っている。しっかりバットを振り抜く超攻撃野球に、春季県、関東大会で磨いた小技と攻撃は多彩。投げては、エース宮城だけでなく、芳野と浅田が頭角を現した。遊撃手と兼務する金田も後ろに控えており、投手層が厚い。埼玉大会まで残り約3週間。強化期間は終了し、あとは本番に向けてコンディション調整に注力する予定だ。

 3季連続甲子園出場に、県内では史上初の5季連続優勝が懸かり、公式戦25連勝中と王者のみぞ知る背負う重圧は、計り知れない。だが、主将の八谷は「意識はしていない。ただ、夏の甲子園にもう一度帰りたいことしか思っていない」と語り、「夏はみんな必死になって戦ってくるから押しつぶされないように戦う」と頂点の座は誰にも譲らないつもりだ。

因縁の相手、開幕飾る 三郷北vs草加西

開幕戦での対戦が決まり健闘を誓い合う三郷北・佐藤優空主将(左)と草加西・下畠世男主将

 今夏の熱き戦いの始まりを告げる開幕戦は、三郷北と草加西のカードに決まった。右手を塩で清めてきたという三郷北の佐藤主将は「良い結果が出た」と笑顔で語った。

 両校は、昨年11月に行われた4市(草加、三郷、八潮、吉川)大会の決勝でも顔を合わせた因縁の相手。佐藤主将は「一度負けているので本気で取り返す」と雪辱を誓った。

 受けて立つ草加西の下畠主将は、チームで掲げる”正々堂々”のスローガンの下「自分たちの野球を貫く。最後の夏を良い思い出に」と力を込めた。

感謝胸に気合十分 選手宣誓 ふじみ野・後藤主将

選手宣誓の大役を引き当てたふじみ野・後藤航雅主将

 大会回数と同じで選手宣誓を行う「104番」のくじをふじみ野の後藤航雅主将が引き当てた。番号が読み上げられると、会場は大きな拍手に包まれた。「人生にない経験。こんな大役が務まるか不安に思った」と苦笑いで驚きの瞬間を振り返った。

 宣誓の言葉は、チームで頼りにしている副主将の町田や捕手の本多と考え、今まで支えてくれた人への「感謝」の気持ちを込めるつもりだ。「7月8日(開会式)が待ち遠しい。悔いのない夏にしたい」と大舞台に気合十分で臨む。

(埼玉新聞)

浦和学院、厚い選手層 長打力ある山村学園 上尾のブロックは最激戦区か

 優勝候補の最有力は、春の選抜大会4強で春の関東大会を制したAシードの浦和学院だ。

 投手陣は左腕エースの宮城を中心に、遊撃手も務める金田、浅田、芳野らもいて、層は分厚い。打撃は金田、鍋倉、高山らの長打力に加え、小技を駆使した攻撃にも切れ目がない。

 連覇に向けて順当に勝ち進めば、準々決勝で浦和実との対戦が予想される。橋本を中心に、粘り強い打線で秋春の県大会で8強入りした実力校だ。

 準決勝では、秋の県大会準優勝でエース右腕・金子を擁し、長打力もあるCシードの花咲徳栄、春の県大会4強でBシードの市川越などの対戦が見込まれる。

 もう一つのAシードは、春の県大会準優勝で関東大会4強の山村学園だ。強豪私立がひしめくブロックに入った。

 準々決勝で対戦が予想されるCシードの西武台は、ストレートが持ち味のエース右腕渡辺の後ろにコースに変化球を投げ分ける福本が控える。山村学園の坪井、酒井ら長打力のある打線との対決に注目が集まる。Dシードの市浦和や東農大三、ノーシードの叡明なども力がある。

 最激戦区になりそうなのは、秋春の県大会で連続で4強入りしたBシードの上尾のブロックだ。

 前回準優勝の昌平、全国準優勝の経験がある春日部共栄、甲子園出場経験のある聖望学園など、ノーシードの強豪校がひしめく。上尾は石川、金丸、小川を中心にバントや足を絡めた粘り強い攻めを見せられるかが、カギを握る。

 昌平は昨秋大会では2回戦で敗れ、春は2回戦を前に部内で新型コロナウイルスの感染者が出たため、出場を辞退。巻き返しを誓う夏の大会では、初戦の2回戦で春日部共栄と深谷一の勝者と対戦する。

(朝日新聞埼玉版)

コメントを残す

error: Content is protected !!