はばたけ浦学:「勝ちにこだわれ」 元社会人コーチが指導

◇日通野球部で活躍、難波さんと玉田さん

 センバツに出場する浦和学院野球部(さいたま市)を応援しようと、ともに社会人野球・日本通運(同)の元選手で、コーチも務めた難波貴司さん(46)と、玉田淳さん(49)が3日、同校を訪れ、選手を技術指導した。2人は「日通と同じ地元・さいたまのチームに甲子園で勝ってもらいたい」と、大舞台での活躍を願った。

 俊足の中堅手として活躍した難波さんは「あごを引いて」「バットの位置が下がっている」などと打撃フォームをチェック。玉田さんは、投手として計9回の都市対抗野球大会での登板経験を基に、投手陣にアドバイスした。

 難波さんに打撃フォームの指導を受けた竹村春樹選手(1年)は「悪いと分かっていたが、修正方法が分からなかった。しっかり身につけ、実戦に生かしたい」と感謝していた。玉田さんは「何が何でも勝ちにこだわり、頑張ってほしい」、難波さんは「埼玉に優勝旗を持ち帰って」とエールを送った。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

もっと読み込む...

 

アーカイブ