浦和学院、あす高知と初戦 明治神宮野球大会

 10日に開幕する第43回明治神宮野球大会は5日間の日程で行われ、全国各地区の秋季大会を制した10校が参加する高校の部には、関東大会で史上初の3連覇に輝いた浦和学院が3年連続で出場する。浦和学院は10日の1回戦から登場し、高知(四国)と対戦。勝てば12日の準々決勝で春江工(北信越)と顔を合わせる。全国の強豪と真剣勝負できる格好の腕試しの場。昨年は初戦で大敗しただけに、雪辱を果たし選出が確実な第85回選抜高校野球大会(来年3月22日から13日間・甲子園)へ弾みをつけたい。

 一戦ごとに力を付け、前人未踏の関東3連覇を達成。史上初の県勢決勝となった花咲徳栄戦では延長十回、西川のサヨナラタイムリーで県大会で大敗した宿敵を倒した。

 チーム打率は2割9分8厘と平凡だが、数字以上に勝負強い。特に光ったのが高田、木暮の4、5番。7番西川の5打点が示すように、高田はチームトップの5割7分1厘、木暮は打率もさることながら4二塁打、4犠打と好機を演出した。共に2割5分だった1、3番の竹村、山根が出塁し2人の前に走者をためられれば理想。盗塁が2と少なめなだけに、足を絡めた攻撃にも期待したい。

 投手陣は全4試合に登板し、防御率1・67を誇る1年生左腕小島が柱。無駄な四死球を減らせればより安定感は増す。決勝で好投した右腕涌本も生命線である変化球の制球が良くなり、十分先発できる状態だ。左横の渡辺、右腕伊藤らも短イニングなら出番はある。捕手は西川、高田とタイプの違う2枚をそろえる。

 守備は普段と違う人工芝に対応できるか。土よりもバウンドは合わせやすいが、打球は伸びてくる。しっかりと腰を落とし、確実にさばきたい。

 関東大会では4試合中2試合が逆転勝ち。しぶとさを備えているだけに、リードされても攻守で焦らないことが肝要だ。

◇目の前に全力で

 森士監督 粘り強く戦って、一つでも多く勝ち進みたい。どんな展開でも慌てず、目の前に全力を尽くす。

◇力を発揮したい

 高田涼太主将 相手が全国レベルになっても一戦必勝のスタイルは変わらない。関東の課題を一つずつ潰して、しっかりと力を発揮したい。

(埼玉新聞)

◇明治神宮大会が開幕!

 第43回明治神宮野球大会の開会式が9日、東京都内の明治神宮会館で行われ、初出場する富士大(東北)の君島立将主将(4年)と、6年ぶり出場の仙台育英(東北)の上林誠知主将(2年)が選手宣誓した。

 君島は「昨年、大災害が日本を襲いました。ここで野球ができることを感謝し、全力を尽くして戦うことを誓います」と力強く述べた。

 大会は高校の部に浦和学院(関東)など各地区秋季大会を制した10校、大学の部は亜大(東都)など11校が参加する。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

こんな世の中なのに学校とか行ってる場合じゃなくね。
なんかもう危機感無さすぎ。気をつけたってらなるときはなるんだよ!!!!!
とりあえず言いたいのは休校延長するべき。浦学は他と比べて人が多すぎるんだからもっと考えろよ!!!!

ほんとに学校行きたくない。往復2時間電車乗ってスクバに70人ギュウギュウに詰め込まれて教室に50人近くの人間いて浦学マンモス校なだけにリスクありすぎる自主休校しようかな🤷‍♀️

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

スクバとか3つの密でしかないけど^^
浦学はそんなことも分からない学校です新入生おつかれ

もっと読み込む...

 

アーカイブ