ピンチ救った冷静な守備 浦和学院・高田涼太三塁手(3年)

201303242240.jpg
【写真】浦和学院の高田涼太三塁手(産経新聞埼玉版)

 四回表、自らの暴投で1死二、三塁の大ピンチを招いた2年生エースの小島に三塁から声をかけた。「後ろにいるからな。打たせて取れ」。硬さがとれた左腕。ボールにはキレが戻った。高めのボールで空振りを取ると三走が飛び出し、これを冷静に追い込みながら、三塁手前まできた二走を挟殺した。

 「下級生が必死に頑張っていたので何とか助けたかった」。打席でも存在感を示した。五回から登板した土佐・高橋の横手投げに苦しむナインを横目に「とにかくチャンスを」と、五回以降だけで3四死球。フォア・ザ・チームに徹した。

 「負けず嫌いなのは裏方のみんなの気持ちが分かるからなんです」と、母、しのぶさん(47)。その言葉通り、順風満帆の野球生活ではなかった。地元の公立中学の野球部出身。「強いチームで野球がしたい」と浦和学院に進んだが、8強入りした昨春の選抜はベンチ外。荷物運びや道具磨きの裏方だった。

 しかし、いつでも試合に出るという意識は絶やさなかった。「一番努力していた。いつでもプレーに魂がこもっている」と、評するのはOBの西尾太志さん(18)。昨年夏、三塁手に抜(ばっ)擢(てき)され、甲子園の土を踏むことができた。

 心の支えは「自分で決めたんだから責任を持て」という父、昭人さん(48)の言葉。「今度はチームのために一本打ちたい」。裏方出身の4番の春はまだ始まったばかりだ。

(産経新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

青木学院物語/山口小夜
鴨川ホルモー/万城目学
カラフル/森絵都
獣の奏者/上橋菜穂子
太陽の子/灰谷健次郎
ビブリア古書堂の事件手帖/三上延
舟を編む/三浦しをん
星に願いを、そして手を。/青羽悠
夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦
わくらば日記/朱川湊人

#名刺代わりの小説10選

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ