浦和学院、貫く伝統の精神 38校の対戦決定 25日開幕

 25日に開幕する春季県高校野球大会の組み合わせ抽選会が21日、上尾市の県スポーツ総合センターで行われ、各地区大会を勝ち上がった38チームの対戦相手が決定した。Aシードで、昨秋から2季連続優勝を目指すAシード花咲徳栄は狭山ケ丘と、同準優勝で33年ぶりの関東大会に出場した市川越は慶応志木と初戦の2回戦でそれぞれ対戦することになった。

 昨秋4強の本庄第一、春日部共栄(ともにBシード)は抽選により本庄第一が花咲徳栄ゾーン、春日部共栄が市川越ゾーンに入り、本庄第一が西武文理、春日部共栄が栄東の挑戦を受ける。2連覇を狙う昨年の選抜大会優勝の浦和学院は1回戦で栄北と顔を合わせる。

 熱戦は県営大宮など4球場で展開され、順調に日程を消化すれば、決勝は5月4日に県営大宮で実施の予定。上位2校が関東大会(5月17~21日・神奈川)に出場する。また、ベスト16が全国高校選手権埼玉大会(7月9日開幕)のシード権を獲得する。

 大会は全試合が有料で一般500円、中高生200円。引率された少年野球・中学生チーム(引率
者・保護者は有料)障害者(障害者手帳の提示必須)と介添え者1人、小学生以下は無料。

◇徳栄、共栄軸に混戦必至

 総合力で花咲徳栄、春日部共栄がわずかにリード。市川越、本庄第一のシード勢や浦和学院、聖望学園が迫るが、近年まれに見る激戦で大宮東、市川口などの公立勢にもチャンスは十分ある。

 花咲徳栄は打線に切れ目がない。前年からのレギュラー多田、古川に加え里見、大滝の2年生が成長し1、4番に入ったことで厚みが増した。課題の投手陣は右腕井上の実績、経験が申し分ないだけに、佐藤らが実戦で実力を発揮できるか。

 初戦を争う狭山ヶ丘は斉藤、坂倉の右2枚が侮れない。ヤマ場は16強で対戦濃厚な聖望学園戦。投手陣は右腕野瀬を軸に豊富で、打線も1番菊池や大野、中村郁、田島の3~5番ら上昇中。ここを抜ければ4強は堅い。

 春日部共栄はエース左腕金子ら投手陣は粒ぞろいで守屋、原田、平塚の主軸を擁する攻撃陣には破壊力がある。だが最激戦区で気が抜けない。

 3回戦では機動力があり、高橋尚、高橋佑の好左腕を擁する川越東か右腕佐々木や宮原、加藤ら投打の軸が健在の市川口か。

 8強で当たりそうな浦和学院は全国屈指の左腕小島を単打でつなぐ新打線が援護したい。浦和学院と1回戦を争う栄北は二瓶、関ら打線がいい。

 絶対的エース・左腕上條や1番奈良、地区大会2試合連続ホーマーの4番冨岡がけん引する市川越は、初戦から投打で高レベルの慶応志木と激突し苦しみそう。16強では打線のつながりのいい昨秋8強の松山、8強では浦和実、川越工の実力校が待ち構える。

 本庄第一は村田、町田の主軸を筆頭に例年に比べて攻撃力があり上田、坂野上ら投手陣も期待できる。ヤマ場は1番中田祐、4番堀を中心に打線が活発で左腕中田浩も力強い3回戦の大宮東戦。その後は58年ぶりに予選を突破し強力打線が売りの小鹿野や攻守で手堅い埼玉栄が相手になりそう。

◇貫く伝統の精神 浦和学院

 2連覇に挑戦する浦和学院は1回戦で栄北と対戦。2009年以来、ノーシードからの船出となり、森監督も「しぶとく守って、しぶとく1点をもぎ取る。一球一球の積み重ねで勝利を目指す。まずはシード権を確保したいですね」と、いつになく慎重な姿勢だ。

 地区大会は投げなかったエース小島は復調し、相変わらず頼りになる存在だが、総合力という面ではまだまだ成長段階。それだけに主将の土屋は「一人一人が主体性を持って戦う。一戦必勝で優勝を目指したい」と伝統の精神を貫く構えだ。

◇2季Vへ「勝つだけ」 花咲徳栄

 昨秋に続く制覇を目指す花咲徳栄だが、地区大会では大苦戦した。

 1回戦は庄和の好守連発の前に2-1。代表決定戦ではコールド勝ち寸前の8-0までいきながら鷲宮に追い上げられ、何とか9-7で逃げ切った。主将の古川は「(昨年より)力がない分、投手の絶対的な安定感と守備のミスをゼロにすることが必要」と課題を口にする。

 岩井監督からは「秋、春、夏全部とるぞ」とハッパを掛けられているようで、古川は「それに向かってしっかりやる。来た相手に勝つだけ。気合入れていきます」と気持ちを新たにしていた。

◇投打の底上げテーマ 市川越

 昨秋以上の躍進へ、期待が懸かる市川越の新井監督は「別の投手の育成と、いかに機能する打線をつくれるか」と今大会のテーマを2点掲げた。

 夏を考えればエース上條だけで乗り切るのは至難の業で登坂航、川畑、永光の右腕3枚の奮起が欠かせず、3番だった奈良を1番に据えた新打線もまだ完全ではない。

 選手たちの中にも当然、Aシードに対する気負いはない。主将の丹羽が「挑戦者の気持ちを忘れずやりたい」と言えば、上條は「一戦一戦、夏につながる試合ができればいい」と足元を見つめた。

◇秋の雪辱へ闘志 激戦区「経験に」 春日部共栄

 春日部共栄主将の小林は組み合わせが決まると「激戦区。夏に向けていい経験になる」と思わずニヤリ。「まずは県で優勝する。市川越とはもう一度戦いたい」と昨秋の準決勝で完封負けを喫した市川越のエース上條への雪辱に燃えている。

 3月下旬に行った遠征では昨秋の東海地区大会4強の静岡と2-2と接戦を演じながら、終盤の好機で勝ち切れず。小林は「追い込まれた状態で一本出せるように、気持ちの部分も磨いていきたい」と勝負強い打撃を課題に挙げた。

◇冬越えて成長 自然体で臨む 本庄第一

 昨秋4強の本庄第一は26日の2回戦で西武文理の挑戦を受ける。主将の籔中は「ひと冬で体が大きくなった。プレーの幅も広がる」とチームの成長を実感。「できることをやって結果が出ればいい」と自然体のままシード権獲得を狙う。

 秋季大会では3回戦で浦和学院を延長戦の末に破り、自分たちの野球に自信と手応えを得た。投打で活躍が期待される籔中は「基本的な守備走塁でリズムをつくれば、町田がでかい当たりを打ってくれる」と主砲の一発に期待を込めた。

◇12年ぶり進出 打撃力に自信 所沢

 12年ぶりの県大会進出を果たした所沢は26日の2回戦で埼玉栄に挑む。地区大会1回戦で所沢商との接戦を制し、チームの状態も右肩上がり。主将の新井は「うちは打撃が強み。シード校を倒せる実力がついたという目安になる」と胸を張る。

 今季は3番佐藤、4番新井を軸に据えた打線が好調。三田地監督は「練習の成果が着実に出てきた」と、昨春に新調した打撃マシンを躍進の要因に挙げた。新井は「地区ではエラーが失点に絡んだ。内野守備が課題」と引き締めていた。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

どうせ落ちて私立行くなら
浦学か上野学園が良かった浦学阿部ときしと砂糖と原ガスさんとか居るし(;_;)
叡明誰もいないってわけじゃないけど頑張る

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

なぜ教科書を自分で買いに行かなければならない、なぜだ浦学

サンバファンファーレからの
浦学サンバキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ