試合速報はこちら

浦和学院、プロ注目「二刀流」の金田優太が東海大菅生との練習試合で2回無失点

【写真】浦和学院・金田優太は東海大菅生との練習試合の八、九回にマウンドに立った

 第94回選抜高校野球大会(18日開幕、甲子園)に7年ぶり11度目の出場を果たす浦和学院(埼玉)は10日、東京・あきる野市で東海大菅生(東京)と練習試合を行い、2-2で引き分けた。

 投打の「二刀流」でプロから注目される金田優太内野手(2年)は遊撃から八回に救援登板。持ち前の制球力と勝負勘で2回1安打無失点、1三振を奪った。

 最速は142キロをマーク。左打ちの打撃では左投手から右越え二塁打と左犠飛、右投手から右前打を放ったものの、終盤の好機に凡退。3番打者は「チャンスでもう一本出なかったので、そこが…」と反省した。

 それでも森監督は「いい試合ができた。先発の宮城と金田はスピードも出ているし、初戦(18日、大分舞鶴戦)へ、うまく向けている」と手応えを口にした。

(サンスポ)

練習試合

TEAM123456789
東海大菅生0020000002
浦和学院0020000002
【浦】宮城、野口、金田-高山
【東】青柳、島袋、日當、藤井-福原

コメントを残す

error: Content is protected !!