浦和学院10度目の春(3)好敵手との大一番 激戦制し得た自信

◇積み重ねた努力結果に

 秋季県大会の抽選会が行われた9月22日。出場39校の投票によるシード決めで、29票の聖望学園に次ぐ26票を獲得した浦和学院がAシードに推された。

 抽選が始まり、浦和学院の山の対極に、同じく25票を得た花咲徳栄が収まった。準決勝まで順当に勝ち進めば、関東大会の切符を争う大一番で最大のライバルと対戦することが濃厚となった。森監督も「組み合わせを見て一番の目標になった」と闘志をたぎらせた。

◇関東切符懸け激突
秋季県大会準決勝の花咲徳栄戦の7回に、浦和学院・諏訪の三塁打で生還する三塁走者高橋(左)と一塁走者荒木(右)=2014年10月4日、県営大宮球場

秋季県大会準決勝の花咲徳栄戦の7回に、浦和学院・諏訪の三塁打で生還する三塁走者高橋(左)と一塁走者荒木(右)=2014年10月4日、県営大宮球場

 百戦錬磨の指揮官をして「勝ち方を知っているチーム」と評する強敵。2004年から13年までの秋に限れば、10年間で浦和学院が6度、花咲徳栄が4度の優勝を分け合っている。両校は地力を発揮して勝ち上がり、10月4日、決戦の幕が切って落とされた。

 試合は後攻の花咲徳栄が四回に1点を先制。浦和学院も直後の五回無死一、三塁から荒木の中前適時打で追いすがる。森監督が「大きな一戦だからこそ、後悔しないように思いっきりやろう」と選手を鼓舞すると、選手たちは指揮官の思いに呼応するように七回の攻防で真価を発揮する。

 表の攻撃。高橋、荒木の連打などで2死一、三塁の好機を築くと、1番の1年生諏訪が「余計なことは考えず好球必打だけを考えていた」と、内角に甘く入った直球を右中間に運ぶ2点三塁打で勝ち越しに成功した。

 裏の守備では1死三塁から二ゴロを臺が本塁で刺し、相手に流れを渡さなかった。2点リードで迎えた九回、1死満塁と長打が出れば逆転サヨナラのピンチでも鍛え上げた堅守が光る。一ゴロを捕球した山崎滉が一塁ベースを踏み、捕手西野へ冷静に送球。この日五つ目の併殺を完成させ、好敵手との決戦を制した。

◇夏大会の雰囲気

 「徳栄戦はグラウンドの雰囲気が違った。夏の雰囲気に似ている状況で自分たちの力を出すことができた」と津田。山崎滉は「どんな相手でも全員で向かっていけば勝てる」とチームの力の大切さを実感していた。

 昨秋の県大会は花咲徳栄に限らず、聖望学園や川越東など前評判の高いチームは他にもあった。森監督は「どうして勝てたか、戦っている俺自身もわからない。だから大変。だから高校野球は面白い」と目を輝かせる。

 苦しみ、あえいだ夏場の努力は結果となって表れた。花咲徳栄戦を境に「一つの勝利に対する一体感が出てきた」と山崎滉。津田も「勝って得た自信は大きかった」。好敵手との激戦で手にしたものは、関東大会の切符だけではなかった。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

朝まで生テレビ出演者武見敬三(自民党・参議院議員) 長妻昭(立憲民主党・衆議院議員) 田村智子(日本共産党・参議院議員) 荻原博子(経済ジャーナリスト) 小松隆次郎(テレビ朝日報道局厚生労働省担当) 田坂広志(多摩大学大学院名誉教授) 二木芳人(医師、昭和大学医学部客員教授) 三浦瑠麗(国際政治学者)

国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』が、NHK BS8Kで、先行放送されるそうです。7/11(土)PM3:00
第二次世界大戦末期の京都大学の物理学研究室に海軍から下された密命。科学者として兵器開発をすすめるべきなのか苦悩する研究者たち。
柳楽優弥,有村架純,三浦春馬さんご出演

「太陽の子」BS8K先行放送のお知らせ

国際共同制作 特集ドラマ 【BS8K先行放送のお知らせ】 2020年...

www.nhk.or.jp

中学の自分にめいれいするなら、高校は所高か浦学に行くように命令したい
大学は昭和女子の会フのままで笑

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ