記事の詳細

 (11日・県営大宮ほか)

 第3日は2回戦19試合が行われ、昨秋8強ながらノーシードの川越東が、Bシード山村学園を4-2で破った。

 川越東は一回に浪江の二塁打、四回には中前の適時打でリードすると、五回に1点を返されたものの六回に2点を追加し、突き放した。エース右腕星野は4安打2失点で完投。3年ぶりの頂点を狙うAシード浦和学院は鴻巣に9-0で七回コールド発進。Bシード上尾は朝霞に10-6、Cシード春日部東は川口青陵に5-3とそれぞれ辛勝した。

 第4日は12日、県営大宮など8球場で2回戦20試合を実施し、3季連続の甲子園を目指すAシード花咲徳栄が登場する。

エース右腕が投打で魅せる 浦和学院

 エース右腕榊原が投打で魅せた。まずは打。二回1死二、三塁では狙いは変化球だったが「直球にうまく反応できた」と低い弾道のまま左翼席へ突き刺す先制の3ランを浴びせた。

 本職では5回1安打無失点ながらも、浮くボールが目立ち「左肩が開いて力んでしまった」と修正点を自覚。ただ森監督は「久々の公式戦。まあまあ、これから」と心配していない様子だった。

覇気持ち続けられた 鴻巣・志村主将

 (七回コールド負け)差が離れていく中で全員が覇気を持ち続けられた。強いと分かっていたが悔しい。

(埼玉新聞)

“浦学史上最強左腕”1年佐野 夏2球デビュー

201607120900 昨秋、今春の県大会を制した浦和学院が9-0で鴻巣に7回コールド勝ち。3年ぶりの夏へ快勝発進した。今秋ドラフト候補の榊原が5回無失点に抑えると6回からは継投策。背番号10の1年生左腕・佐野は4番手として7回2死から登板すると打者1人を右飛に打ち取って試合を締めた。

 今春県大会で登板経験はあったが「初めての夏は雰囲気が全然違った」。この日朝、森士(おさむ)監督から登板があることを告げられ、先輩からは「思い切ってプレーしろ」と激励された中でのわずか2球に「焦りはなかった。むしろ1人だけだったので物足りなかった」。OBの左腕・小島和哉(現早大)以上と評される逸材は、この夏の目標に「できれば先発で投げたい」と大物ぶりをうかがわせた。

(スポニチ)

 試合結果
 2回戦 7月11日(市営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
鴻巣 0 0 0 0 0 0 0     0 2 2
浦和学院 0 3 0 1 4 1 x     9 9 1
【浦】 榊原、大澤、酒井、佐野-梶山
【鴻】 根岸、中谷、小澤-中野
榊原(浦)
上野(浦)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
山本 2 0 0
1 大澤 0 0 0
H 上野 1 1 0
1 酒井 0 0 0
1 佐野 0 0 0
杉山 3 2 0
諏訪 4 1 0
蛭間 2 0 0
⑦8 幸喜 3 2 3
梶山 2 0 0
松永 2 0 0
①7 榊原 3 2 4
家盛 3 1 1
25 9 8
 鴻巣打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
田口 3 0 0
井上 2 0 0
1 小沢 0 0 0
H 高橋 1 0 0
江森 2 1 0
志村 2 0 0
①8 根岸 2 0 0
 ⑧ 沢本 0 0 0
1→5 中谷 1 0 0
公文 2 0 0
深谷 2 1 0
中野 2 0 0
19 2 0
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四球 死球 失点
浦和学院 榊原 5 1 5 0 2 0
大澤 1 1 1 0 0 0
酒井 2/3 0 1 0 0 0
佐野 1/3 0 0 0 0 0
鴻巣 根岸 1 2/3 2 0 1 1 3
中谷 2 2/3 4 0 1 0 4
小澤 1 2/3 3 2 2 0 2
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 2 5 3 5 1 0 6
鴻巣 7 2 1 0 2 0 1

 浦和学院は二回に榊原の左越え3ランで先制すると、その後も着実に加点した。投げては4人の継投で無失点。鴻巣は2安打に終わった。

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る