浦和学院が昨夏の雪辱果たし決勝へ 森監督「大きな一歩」

 浦和学院が昨夏の雪辱を果たし決勝進出と関東大会出場を決めた。

 初先発の近野佑樹投手(2年)が6回を投げ無失点に好投。2番手で投げた最速141キロ左腕の佐野涼弥投手(2年)が代わりばなに連打を浴びて1失点したが、切れのある縦のスライダーを武器に5三振を奪って勝利に貢献した。

 昨夏4回戦で抑えられた市川越・メンディス投手を攻略。森士監督は「昨夏負けたチームという思いを持ってやれた。そこは評価したいです。近野は初先発でしたがよく投げてくれた」と言った。

(日刊スポーツ)

浦学、5年連続18度目の春季関東大会決める

 浦和学院が市川越を下し、5年連続18度目の春季関東大会(20日開幕・茨城)出場を決めた。

 浦和学院が雪辱を果たした。昨夏4回戦で完封負けを喫した、スリランカ人の父を持つエース左腕・メンディス海(かい、3年)を攻略。両チーム無得点の3回、4番・蛭間拓哉右翼手(2年)の中前適時打で先制。5回には家盛陽介二塁手(3年)、蛭間の連続適時打などで3点を挙げて突き放した。

 森士(おさむ)監督(52)は「去年の夏を思い出して対策を練ってきた。2試合続けて抑えられなかったのは大きな一歩だと思う」と手応えを感じていた。

(スポーツ報知)

市川越に雪辱果たして決勝へ 森監督「大きな一歩」

 快勝した浦和学院が決勝に進出し、5年連続となる春季関東大会出場を決めた。三回に4番・蛭間拓哉外野手(2年)の中前適時打で先制。五回にも蛭間の右前適時打などで3点を加え、昨夏敗れた市川越のエース左腕・メンディスを攻略した。

 投手陣も、先発した近野佑樹投手(2年)が6回3安打無失点の好投。七回から登板した佐野涼弥投手(2年)も、3回3安打1失点、5奪三振で試合を締めた。

 森士(おさむ)監督は「選手は昨年負けているチームに対しての思いを持って準備していた。そこは評価したい。2試合続けて抑えられなかったのは、大きな一歩」と満足げ。決勝に向けて「厳しい試合になるのは否めないが、夏まであと2カ月。どのぐらいできるか試したい」と、抱負を語った。

(デイリースポーツ)



拍手する

関連記事

  1. 浦学大好き 2017.05.05 8:57pm

    明日の決勝も勝って、関東大会で横浜にリベンジだ!

    • 0
    • 0
  2. 浦和学院野球ファンのさとし 2017.05.05 5:59pm

    森先生、浦和学院の選手のみんな関東大会決定おめでとう!
    聖望学園以外の試合は全部球場で観て応援してました!
    明日も応援しに行きます、明日の決勝と関東大会も夏に向けて頑張って下さい!

    • 0
    • 0

応援ツイートは #uragaku

千葉県インハイトーナメント
学浦会場
学館浦安vs野田中央
今季は学浦は2回目、野田中央は初の観戦です。
前半1-0学浦リード
両チーム共に前線のスペースへボールを蹴り込む展開、セカンドボールの奪い会いの際の気合いが凄い!
ゲーム内容は予想に反して、野田の頑張りで五分五分かな~

もぉ10年間浦学と徳栄に勝ってないのか。

そー考えたら

まじでノーシード厄介だなぁ。

うーん🧐
まぁでも今年の共栄なら大丈夫と思いたい

1発勝負って怖いね

明治のキャッチャー、今更ながら西野なんだ!φ(.. )

浦学時代、何度補殺や牽制死を観た事かw
あれは、凄かった😅

もっと読み込む...

 

アーカイブ