浦学、連覇へ好発進 プロ注目右腕・渡辺、5回途中5Kに収穫

 浦和学院(埼玉1位)が千葉黎明(千葉4位)を下し、連覇へ向けて好発進した。身長1メートル90のプロ注目右腕・渡辺勇太朗投手(3年)が今季公式戦初先発で4回1/3を3安打2失点、5奪三振に抑え「久しぶりの公式戦で50点から60点くらいで納得いかないけど、投げられたのは良かった」と振り返った。 

 最速145キロ右腕は、3月に右肘を痛め、今春の県大会はベンチを外れた。「悔しい思いをした。早く投げたいと思っていた。関東大会で投げられないと、夏一本になってしまう」と話す。今大会に間に合い、先発で勝利に貢献。森士監督は「万全じゃないけど、投げられたのは収穫。夏に向けて柱の投手が投げてくれたら」と期待を込めた。

 昨年9月から体重は11キロ増え、87キロになった。現在は球速よりも球の切れを意識して8割程度の投球だが、夏に向けて「体重を90キロにして150キロ出したい。夏に合わせていきたい」と話した。好きな投手はエンゼルス・大谷翔平投手。大谷の長身から投げ下ろす投球にあこがれる右腕が、最後のシーズンの一歩を踏み出した。

(スポニチ)

浦和学院8強、プロ注目の渡邉勇太朗「収穫」復帰

 浦和学院(埼玉1位)が千葉黎明(千葉4位)に勝利し、8強入りを決めた。

 右ひじを痛めていたドラフト候補の渡辺勇太朗投手(3年)が、公式戦に復帰した。

 0-0の3回2死一、二塁から千葉黎明の宮本に適時三塁打を許し2点を先制されたが、4回に打線がつながり3連打などで3点を奪いひっくり返した。渡辺は4回1/3を投げ被安打3で2失点、5奪三振の好投。復帰戦で60球を投げ「(100点満点で)50~60点くらい。コントロールとフォームを重視して投げていた。まだフォームも定まっていないし、課題は山積みです。これから夏に向けて、自分の中で合わせていきたい」と前向きに話した。

 森士監督は「この大会に合わせて準備してきた。マウンドに立って、この雰囲気で投げられたことが収穫だと思う」と話した。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

サンバファンファーレからの
浦学サンバキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

春日部共栄、埼玉大会で優勝してたのか!徳栄、浦学の2強にちょっと待ったー出来るかの非常に大事な

VS横浜高校戦(及川、内海ら率いる)

が今日!!

【全27アウト】浦和学院・小島和哉、完全試合 第95回全国高校野球埼玉大会準々決勝
https://t.co/FPr6z3POS8
#完全試合
#浦和学院
#小島和哉

審判、、、って思ったら負けやなぁ笑笑
浦学戦の極のゲッツー思い出す笑笑

スーパーシードの高校って意外とあっさり負けて選抜逃すイメージある(いつかの浦学もそうだった)

もっと読み込む...

 

アーカイブ