元阪神・今成亮太が球団職員、アカデミー専属コーチに

 阪神は27日、今季限りで引退した今成亮太内野手(31)が事業本部振興部(専属コーチ)として入団することなど、1月1日付の人事異動を発表した。

 ことしからスタートしたアカデミー部門は、5会場で開催されていたが、来季からは10会場に規模を拡大予定。低年齢層への野球の浸透、逸材発掘に今まで以上に力を入れ、鶴直人、柴田講平両OBに今成氏を加えて、指導を充実させていく狙い。また11月まで履正社医療スポーツ専門学校講師で、同校女子硬式野球部コーチだった野上菜未氏(22)が新たにスタッフに加わることが明らかになった。

 ほかに中西等々氏(通訳)、馬場皇一郎氏、新井雄太氏(ともにファーム担当トレーナー)の新入団も発表された。

 また、手嶋秀和トレーナーが2軍担当から1軍担当に、木下嘉雄トレーナーが1軍担当から2軍担当に配置転換される。

(サンスポ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ