浦和学院コールド発進・下妻二を攻守で圧倒

(16日・上毛敷島ほか)

 関東1都7県の代表計18校が参加して開幕。第1日は1回戦2試合と2回戦2試合が行われ、埼玉県勢は浦和学院が下妻二(茨城)に11-1で6回コールド勝ちし、8強に名乗りを上げた。埼玉栄は東農大二(群馬)に0-1で惜敗した。

 浦和学院は下妻二の3人の投手陣を打ち込み、13安打で11点を奪った。投げては中島、萩原の継投で最少失点に抑えた。埼玉栄は竹内と芹沢が好投しながら、3安打と打線が振るわず惜敗した。

 第2日は17日、2回戦6試合が行われる。浦和学院は18日の準々決勝で千葉明徳-日本航空(山梨)の勝者と対戦する。

【戦評】

 浦和学院が攻守で圧倒。13安打11得点の猛攻で、下妻二にコールド勝ちした。

 浦和学院は1回1死2塁から萩原の二塁打で先制。続く久保が決勝タイムリーを放った。3-5回も着実に得点を重ねた。6回には打者11人の猛攻で一挙6点を奪い、試合を決めた。

 先発中島は立ち上がりこそ乱れたが、制球力を取り戻して5回まで被安打2。継投の萩原と1失点にとどめた。

▼13安打11得点 県大会の勢い持続

 ふたを開けたら、うれしい誤算。選抜大会出場の下妻二に、13安打11得点で圧勝した。浦和学院の森監督は「接戦を予想し、守備を固めなきゃいけないと思っていた。勝っちゃいましたねえ」と満足げな表情を浮かべた。

 打って良し、投げて良しだった。5-1の6回、先頭打者の代打森が初球を一振り。中前に打球を運び、継投した2番手小島の出はなをくじいた。四死球、暴投、敵失と乱れたところを山崎の2点適時打などで一挙6得点。貫禄を見せ、「目に見えない重圧があったかも」と下妻二の小菅監督に言わしめた。

 公式戦初先発の左腕中島も快投した。5回を投げて被安打2。13日の練習試合で2イニング10失点した際に下妻二戦の先発を告げたという。通常は試合当日に言い渡すが、「それが野球なんだよ。あきらめちゃいけないよ、とチームに対する気持ちも込めた」と森監督。期待に応えた中島は「毎日必死だった。結果が出て良かった」と笑った。

 昨年の春季関東高校大会は初戦敗退。今年は県大会優勝の勢いそのままに好スタートを切った。だが、主将の島津は「一戦必勝です」。おごることなく前を見据えた。

(埼玉新聞)

 浦和学院は、13安打11得点と今春センバツ出場校を圧倒し6回コールド勝ちした。埼玉大会から通じて初先発の左腕・中島は5回2安打1失点。13日の東亜学園(東京)との練習試合で先発し3回10失点も、初回に6失点した時点で森監督からこの日の先発を言い渡されたといい「もの凄いプレッシャーがあった」とホッとしていた。指揮官は「中島は13日からしっかり修正した。緊張していたけどよく投げた」とニンマリだった。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

死神の精度 伊坂幸太郎
私の男 桜庭一樹
人間椅子 江戸川乱歩
妖怪アパートの幽雅な日常 香月日輪
遺し文 皆川博子
和菓子のアン 坂木司
まほろば駅前多田便利軒 三浦しをん
ディルフィニア戦記 茅田砂胡
心霊探偵八雲 神永学
夏と花火と私の死体 乙一
#名刺代わりの小説10選

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ