試合速報はこちら

戦後初、秋春同一4強 春季県高校野球

(1日・県営大宮ほか)

 第6日は準々決勝4試合が行われ、シード4校が順当に4強入りした。秋季県大会と春季県大会のベスト4が同じ顔触れになったのは戦後初めて。

 第3シード川越東は5-1で成徳大深谷を下し初のベスト4に入った。第4シード坂戸西は2-1で昌平に競り勝ち、12年ぶり2度目の準決勝進出。花咲徳栄は朝霞を1-0で破り、浦和学院は4-1で上尾を退けた。4強入りは浦和学院が4年連続15度目。花咲徳栄は8年ぶり7度目。

 川越東は高梨が4打点を挙げ、投げては猪岡が1失点で完投。花咲徳栄は松本が被安打6の無四球で完封した。坂戸西は吉川の2打点と長島の好投で接戦を制し、浦和学院は序盤に先行し、好継投で逃げ切った。

 第7日の準決勝は3日、県営大宮で浦和学院-坂戸西、川越東-花咲徳栄の顔合わせで行われ、勝者が関東高校大会(5月15日から5日間・茨城)に出場する。

◇「浦学4年連続進出」

 浦和学院が阿部の好救援で上尾の追撃を振り切った。

 浦和学院は2点差とされた五回1死満塁の場面で、2番手阿部に交代。阿部は二者連続三振でピンチを切り抜けると、その後も安定した投球で反撃を許さなかった。

 上尾は先発伊藤が九つの四死球を与えながらも粘り強く4失点に抑えたが、好機で打線がつながらなかった。

◇阿部が好救援 窮地を脱す

 浦和学院が好救援で上尾の反撃を断ち切った。森監督は「阿部がよく放った。この時期は公式戦を一つでも多くやることで、培われるものがある」と収穫を口にした。

 五回1死満塁。先発南が制球を乱し、押し出しの四球で2点差に詰め寄られた。森監督はここで、即座にエース阿部にスイッチ。阿部は4番伊藤をフォークで空振り三振、5番小島をスライダーで空振り三振に打ち取って、窮地を脱した。

 阿部は六回以降も抜群の安定感を発揮。今春から確立された継投策を見事に締めくくった。背番号1は「先発でもどこでも、自分の投球で相手をねじ伏せるだけ」と闘志をみなぎらせていた。

(埼玉新聞)

◇春季高校野球県大会(1日・県営大宮球場)

▽準々決勝

上尾
000010000=1
12000010x=4
浦和学院

【上】伊藤-河合
【浦】南、阿部-久保

▽三塁打 萩原翔(浦)
▽二塁打 河合(上)


0

1 COMMENT

タルデリ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
坂西のショートがゲームセットのショートゴロをまさかまさかのトンネル!万事休した。

0
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。