戦後初、秋春同一4強 春季県高校野球

(1日・県営大宮ほか)

 第6日は準々決勝4試合が行われ、シード4校が順当に4強入りした。秋季県大会と春季県大会のベスト4が同じ顔触れになったのは戦後初めて。

 第3シード川越東は5-1で成徳大深谷を下し初のベスト4に入った。第4シード坂戸西は2-1で昌平に競り勝ち、12年ぶり2度目の準決勝進出。花咲徳栄は朝霞を1-0で破り、浦和学院は4-1で上尾を退けた。4強入りは浦和学院が4年連続15度目。花咲徳栄は8年ぶり7度目。

 川越東は高梨が4打点を挙げ、投げては猪岡が1失点で完投。花咲徳栄は松本が被安打6の無四球で完封した。坂戸西は吉川の2打点と長島の好投で接戦を制し、浦和学院は序盤に先行し、好継投で逃げ切った。

 第7日の準決勝は3日、県営大宮で浦和学院-坂戸西、川越東-花咲徳栄の顔合わせで行われ、勝者が関東高校大会(5月15日から5日間・茨城)に出場する。

◇「浦学4年連続進出」

 浦和学院が阿部の好救援で上尾の追撃を振り切った。

 浦和学院は2点差とされた五回1死満塁の場面で、2番手阿部に交代。阿部は二者連続三振でピンチを切り抜けると、その後も安定した投球で反撃を許さなかった。

 上尾は先発伊藤が九つの四死球を与えながらも粘り強く4失点に抑えたが、好機で打線がつながらなかった。

◇阿部が好救援 窮地を脱す

 浦和学院が好救援で上尾の反撃を断ち切った。森監督は「阿部がよく放った。この時期は公式戦を一つでも多くやることで、培われるものがある」と収穫を口にした。

 五回1死満塁。先発南が制球を乱し、押し出しの四球で2点差に詰め寄られた。森監督はここで、即座にエース阿部にスイッチ。阿部は4番伊藤をフォークで空振り三振、5番小島をスライダーで空振り三振に打ち取って、窮地を脱した。

 阿部は六回以降も抜群の安定感を発揮。今春から確立された継投策を見事に締めくくった。背番号1は「先発でもどこでも、自分の投球で相手をねじ伏せるだけ」と闘志をみなぎらせていた。

(埼玉新聞)

◇春季高校野球県大会(1日・県営大宮球場)

▽準々決勝

上尾
000010000=1
12000010x=4
浦和学院

【上】伊藤-河合
【浦】南、阿部-久保

▽三塁打 萩原翔(浦)
▽二塁打 河合(上)




拍手する

関連記事

  1. タルデリ 2010.05.03 1:26pm

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    坂西のショートがゲームセットのショートゴロをまさかまさかのトンネル!万事休した。

    • 0
    • 0

応援ツイートは #uragaku

僕が白央社で働いているのは、帝王学の一環として父に指示されているからです。いずれ上に立つためには、組織がどのように動いているのか。その仕組みを学ぶことを課せられているのですよ。ですから、いつまでも鳥羽浦先生の面倒は見ていられないのですよね。

今日の試合⚾️からが自らの力量を知る最高の場だと思う。
結果も勿論大事だけど、県内の強豪校を相手にどんな野球が出来るのかが非常に楽しみ。
そういった意味で、この後山村学園→浦学→徳栄と対戦出来ると"実りの秋"になるはず。

令和2年度神奈川県高等学校秋季バスケットボール大会
【支部大会結果】南支部

≪男子≫
A保土ヶ谷
B金井
C横浜清陵
D横須賀学院
E横浜
F修悠館
G舞岡
H逗葉

≪女子≫
a横浜清風
b三浦学苑
c逗葉
d湘南学院
e金沢総合
f山手学院
g横浜栄
h市立桜丘

#神奈川秋季大会2020

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ