徳栄圧勝、浦学も連勝 練習試合拝見

 開幕を6日後に控えた3日、Aシードの花咲徳栄と浦和学院がそろって練習試合を行い、順調な仕上がりを見せた。

 選抜大会出場の花咲徳栄は同校で塩山(山梨)に9-0で圧勝した。先発橋本は5回を1安打無四球。打線は一回に金久保の2点タイムリーで先制し、その後も好機を確実に生かして得点を重ねた。

 春季関東大会優勝の浦和学院は同校で甲府商(山梨)に2連勝。主力が出場した第1試合は5-2で快勝した。先発南が6回を無失点。打っては一回に原の適時打で先制点を奪い、小刻みに加点した。

◇王座へ抜かりなし

 Aシードの浦和学院は、序盤から小刻みに得点し、南-阿部の継投で逃げ切った。快勝にも森監督は「細かいところの走塁がまだまだ」と不満げな様子だった。

 5得点のすべてが、2死二塁または一、二塁から奪ったもの。しかし、2得点した1番石田は「相手の送球が良ければアウトになっていた」と気を引き締める。

 「第2リードを少しでも大きく取り、2死二塁では絶対にホームにかえってくる」と捕手久保。2年ぶりの王座奪還へ、春の関東王者に抜かりはない。

◇練習試合(第1試合)

甲000 000 020|2
浦111 010 10x|5

【甲】赤池、武田-有泉、細川
【浦】南、阿部-久保

▼二塁打 大丸2(甲)石橋、濱田優、星、久保(浦)

◇橋本5回を無失点

 花咲徳栄は攻守にすきのない戦いで圧勝した。打線が相手のミスに乗じて着実に加点。岩井監督は「公式戦と同じく、点を取り損ねないようにできた。順調にきている」と仕上がりに納得する。

 好材料は先発の橋本。一回の先頭打者に内野安打を許したが、その後は危なげなく三者凡退に打ち取った。「1週間ぶりの投球だったが、低めを意識して投げられた」と調整は万全。春の県大会に続き、出番は多そうだ。岩井監督も「橋本は悪くない。あとはスタミナだけ」と信頼した。

◇練習試合

塩000 000 000|0
花400 022 10x|9

【塩】丸山-小笠原
【花】橋本、今西、山口-木内

▼二塁打 丸山、鈴木(塩)木村、橋本、田中(花)

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ