浦学、投打で圧倒 2年連続15度目の4強入り

 浦和学院が投打で聖望学園を圧倒し、五回コールド勝ちした。

 浦和学院は二回1死二塁から石橋の中越え三塁打で先制。なおも荒井、小林の適時打など、打者一巡の猛攻で一挙6得点。三、五回にも2点ずつを加えた。先発佐藤は五回参考ながら、無安打無得点試合を達成した。

 聖望学園は瀧瀬が二回途中6失点で降板の誤算。打線も振るわなかった。

◇対応できる強み

 接戦が予想された一戦だったが、浦和学院が横綱相撲で聖望学園を圧倒した。森監督も「素直にうれしい。何とかヤマを通過した」と、さすがに機嫌が良かった。

 二回に打線が爆発。導火線となったのは9番の一打だった。1点を先制し、なおも1死一、三塁で荒井を迎えた場面だ。初球のサインはスクイズ。だが、森監督は「いいカウントになったから」と強攻策に切り替えた。荒井は即座に対応。中前適時打で2点目を挙げて猛攻撃につながった。

 一、三塁からの打撃は、重点的に取り組んできた練習の一つ。指示が急に変わっても、すぐに対応できるのが浦学の強みだ。立役者の荒井は「一、三塁でどうやって点を取るかが課題だった。練習が生きて自信になった」と胸を張っていた。

◇屈辱の大敗 再起誓う 聖望学園

 ライバルに大敗を喫した聖望学園。しかも五回コールドで無安打。岡本監督や選手たちもショックを隠せなかった。

 勝敗が分かれたのは二回。先発・瀧瀬が6安打を浴びて6点を献上してしまった。

 「技術は持っているのに精神的に弱い。6点を奪われ、気力をなくしてしまった感じ。屈辱的な試合で恥ずかしい」と声を荒立てる岡本監督。

 奥村主将は「大量点を奪われ、焦って力んでしまった。ゼロからやり直すつもりで頑張りたい」と再起を誓っていた。

(埼玉新聞)

◇内角攻めで無安打

 徹底した内角攻めで聖望学園打線を無安打に抑えた。浦和学院の佐藤拓也投手は2死球を与えはしたが、「初回を抑えたことで流れが作れた」と充実の表情。事前にチームで聖望学園の打線をビデオで分析、内角が弱点と見ていたという。聖望学園先発の瀧瀬諒太投手は「気付いたら終わっていた。何も考えられません」。村田秀人三塁手は「インコースが来ると分かっていたのに」と歯を食いしばった。

(毎日新聞埼玉版)

■準々決勝(10月1日・県営大宮)

浦和学院
06202|10
00000|0
聖望学園
(5回コールド)

安打:浦11、聖0
失策:浦1、聖3

▽バッテリー
(浦)佐藤-森
(聖)瀧瀬、松橋-渡辺

▽三塁打 石橋(浦)
▽二塁打 小林、柴崎、日高(浦)




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ