浦学・佐藤拓也ノーヒットノーラン、聖望打線を翻弄

浦和学院 5回コールド、10-0で聖望学園を破る!

 先行の浦和学院、1回先頭佐藤がセンター前ヒット。1死二塁のチャンスは逃したが、2回に打線爆発。5番・森がレフト前、6番・日高が手堅く送り1死二塁。ここで7番・石橋はセンター頭上を越す三塁打でまず1点先行。動揺した聖望学園先発瀧瀬は続く8番に死球を与え、9番・荒井もセンター返しのタイムリー。1番・二塁ゴロで2死から、2番・浦崎もライトへタイムリー、3番・小林はライトフェンス直撃の二塁打で更に2点追加。4番・沼田もセンター前と続き、打者10人の猛攻で一挙6点。

 勢いづいた浦和学院打線は3回、聖望学園救援の松橋を攻め、日高のレフト前から柴崎は99メートルのレフトフェンス直撃の二塁打に相手エラーで2点追加。8-0と大量リード。5回も日高の二塁打から石橋のバントが内野安打を誘い一・三塁から、柴崎のスクイズはホームでタッチアウトになったが、荒井の二塁左のゴロをエラー。佐藤のセンター犠牲フライで2点追加。5回で10点と試合を決めた。

 一方の聖望学園、先発瀧瀬が2回に大量6点を奪われ打線も焦りが目立つ。浦和学院先発1年生の佐藤の変化球にタイミングを外され、内野ゴロの山でノーヒット。出塁は死球とエラーの3人。2回、4番・齋藤の死球から盗塁で無死2塁のチャンスも、5番・鹿島が内角を攻められ見送り三振、6番・小林も2塁ゴロ、7番・渡辺も空振り三振で唯一のチャンスを逃す。5回、後の無い聖望の攻撃も、代打・小島が空振り三振、大川がライトフライ、代打・市原も投手ゴロに倒れノーヒット。5回コールドが成立。

 浦和学院・佐藤は、緩い縦の変化球にスライダー、内角へのストレートと丁寧に投げ分け、聖望学園打線を翻弄。15アウトの内訳は、三振5、内野ゴロ7、フライ3と完璧に押さえ、5回参考ながらノーヒットノーランを達成した。打線も全員安打の11本と好調。特に軸足に体重を残し腰の回転で鋭く振り抜く打法で長打連発。3年前の秋季大会準々決勝の同一カードで7回8-1とコールド負けのリベンジを果した。

http://www.hb-nippon.com/report/562-hb-saitama-game2010/7061-20101001003

(高校野球情報.com)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ