試合速報はこちら

<浦和学院だより>主力が10安打7得点 日高が決勝タイムリー

 沖縄遠征中のチームは9日、八重瀬町東風平球場で沖縄水産と練習試合を2試合行い、2連勝した。主力が出場した1試合目は10安打を放ち7-1で快勝。2試合目は4-0で完封勝ちした。

 1試合目はエース佐藤が先発。一回に三塁打と暴投で先制されたが、3回3安打1失点とまずまず。打線は二回2死三塁から、柴崎の適時打で同点。四回2死満塁で日高が決勝適時打を放った。

 四回からは中山、松浦の継投で無失点に抑えると、相手の先発投手が交代した七回以降に5点を奪い、試合を決めた。

 森監督は「投手が自分の役割を果たして、野手が攻撃力を発揮した」と評価しながらも、「まだ試合に慣れていない。欲を言えばもっと打ってほしい」と注文。投手にかかわらず、序盤からの打線の奮起を期待した。

◇練習試合

沖縄水産
100000000|1
01010023×|7
浦和学院

(沖)平良、大城、崎枝-知念、稲泉
(浦)佐藤、中山、松浦-林崎

▽三塁打 砂川(沖)
▽二塁打 小林、沼田、石橋(浦)

浦和学院
020001001|4
000000000|0
沖縄水産

(浦)浅田、山下-森戸
(沖)崎枝、大田-稲泉

▽三塁打 今栄、赤石(浦)

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。