浦和学院、隙逃さず逆転 高校野球埼玉大会

(21日・県営大宮ほか)

 第9日は雨天順延を2日挟み、3球場で4回戦の残り8試合が行われ、ベスト16が決まった。秀明英光はDシード埼玉栄を5-2で下し、10年ぶりの5回戦進出。2連覇を狙う本庄一はCシード市川越に延長十回、3-2で2試合連続サヨナラ勝ちした。

 シード勢はBシード浦和実が草加に2-0で完封勝ち。Cシード大宮東は春日部を7-4、Dシード鷲宮は蕨を6-0、Dシード浦和学院は武蔵越生を4-2で破った。昨年4強の川越東は川越西に4-2で逆転勝ち。成徳大深谷はコールド勝ちした。

 第10日は22日、県営大宮など3球場で5回戦8試合が行われ、ベスト8が決まる。

◇隙逃さず逆転 浦和学院

 2点を追う三回に長短4安打を集めて一気に逆転。ワンチャンスで奪った4点を最後まで守り切った。

 三回、先頭の竹村が右前打を放つと、小林が二塁打で続く。沼田の遊ゴロの間に1点を返すと、2死一、三塁から7番笹川が中越え2点二塁打。笹川は「得点圏に走者がいたのでフルスイングするつもりで待っていたら、狙い球の直球が来た」とにっこり。続く石橋もタイムリーを放った。

 エース佐藤は、序盤に球が浮き2失点したが、逆転後は本来の投球が復活。「中盤以降はカットボールを中心に組み立てることができた」と、武蔵越生打線を寄せ付けず、五回以降は無安打の好投だった。

◇新藤力投 あと一歩 武蔵越生

 エース新藤が強打を誇る浦和学院相手に力投した。得点を許したのは三回だけ。4失点が悔やまれる。

 一回に難波の三塁打の後、吉田のタイムリーで先制。三回にも吉田がタイムリー二塁打を放ち2-0とリードした。

 だがその裏、エースが捕まった。先頭打者に安打を許したのをきっかけに長短4安打を浴び、4点を失った。「先頭打者を出して、慌ててしまった。もっと落ち着けば良かった」と悔やむ。しかし、四回以降はより緩急を意識した投球で、浦和学院打線をわずか1安打に抑え、追加点を許さなかった。「今まで以上に良い球を投げられた」と納得の表情を見せる。

 福田監督は「浦学は力あった」と振り返るが、「四回以降の新藤の投球は良かった。3年間の練習の成果が出たと思う」と褒めた。

■7月21日(4回戦)

武蔵越生
101000000=2
00400000x=4
浦和学院

【浦】佐藤-森
【武】新藤-白柳、宿谷

▽三塁打 難波(武)
▽二塁打 吉田(武)竹村、小林、笹川、日高(浦)

【浦和学院】
① 佐 藤4-0-0
④ 竹 村4-2-0
⑥ 小 林4-1-0
⑤ 沼 田3-0-1
③ 日 高4-1-0
②  森 2-0-0
⑨ 笹 川4-2-2
⑧ 石 橋2-1-1
⑦ 室 町3-0-0

(打数-安打-打点)

▽投手成績
 佐藤 9回、被安打4、7奪三振、与四死球2、自責点2

武7222004
 振球犠盗失併残
浦1313006

 浦和学院は2点を追う三回、笹川の逆転2点二塁打など長短4安打で4点を奪った。武蔵越生は先発新藤が力投したが、打線が4回以降、得点できず。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ