試合速報はこちら

第85回センバツ:浦和学院、気を引き締め 開会式リハ

201303221900.jpg
【写真】開会式のリハーサルを終え、リラックスした表情の浦和学院の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で(毎日新聞埼玉版)

 第85回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)が22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。21日は同球場で開会式のリハーサルがあり、浦和学院と花咲徳栄の選手たちは、本番に向けて気持ちを新たにしていた。

 3季連続の甲子園出場となる浦和学院の竹村春樹選手(3年)は「早く戦いたいなと思った。ここで勝ちたいという気持ちが高まった」と引き締まった表情で話した。花咲徳栄の楠本泰史副主将(3年)は「関西に入ってからの練習試合では、1試合ごとに攻撃の形ができるようになってきた。初戦は気持ちで負けずに思い切りやりたい」と気を引き締めていた。

(毎日新聞埼玉版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。