U-18日本代表が公式練習、浦和学院・小島「一人一人アウトに」

 第10回U―18(18歳以下)アジア野球選手権(9月1日開幕、バンコク)に出場する日本代表が、メーン球場となるクイーン・シリキット球場で公式練習に臨んだ。

 浦和学院(埼玉)の小島は、前橋育英(群馬)の高橋と並んでブルペン入り。軽めの投球練習をこなし「一人一人の打者をアウトに取ることだけを考えて投げたい」と意気込みを口にした。

 内野は赤土、外野は天然芝の球場。シートノックや投内連係で選手の動きを確認した大藤敏行コーチは「質のいい球場でやらせてもらえる。組織で戦えればいい」と話した。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ