試合速報はこちら

U-18日本代表、連覇ならず 韓国に1-2で敗れ準優勝

 野球の18U(18歳以下)第10回アジア選手権決勝がタイ・バンコクのクイーンシリキットスポーツセンター1で行われ、野球日本代表「侍ジャパン」18U代表は、韓国に1-2で敗れて連覇を逃した。

 日本は森田駿哉(富山商)が先発し、1回、2回を無失点に抑える。しかし3回表、ショート吉田有輝(履正社)の2つのエラー絡みで韓国に先制を許すと、さらに4回表、吉田に代わってショートに入った安田孝之(明徳義塾)のエラーから追加点を奪われる。韓国は無安打ながらも日本の守備の乱れを逃さず、序盤に2点をリードする。

 反撃に出たい日本は中盤まで韓国バッテリーを攻略できずにいたが、7回裏に岡本和真(智弁学園)がライト前ヒットで出塁すると、その後2死一、三塁から岸潤一郎(明徳義塾)がレフト前にタイムリーヒットを放って1点を返す。しかし8回裏、1死二、三塁と絶好のチャンスを迎えるが、スクイズ失敗と韓国外野手の好守に阻まれ無得点に終わる。1点差のまま迎えた最終回、日本打線から快音は聞かれず、宿敵・韓国に競り負けた。

 先発の森田は9回途中まで投げて被安打2、2失点(自責0)、と好投したが、味方のエラーに泣き、打線の援護にも恵まれなかった。リリーフで9回1死から小島和哉(浦和学院)がマウンドに上がり、韓国打線を無失点に抑えた。

(スポーツナビ)

◇浦和学院・小島和哉投手のコメント

(9回1死一塁から救援し1安打無失点)「森田がここまで(2安打2失点で)いい投球をしていたので、絶対に抑えてやろうと思いました。高校最後の試合だと思って…。大学でもこの経験を生かしたいです」

(スポーツ報知)

 3試合に登板した小島(浦和学院)は「ピンチで抑えられたのは自信になった。今後は一緒にやった仲間たちに負けないように頑張りたい」とチームメートとの再会を望んだ。

(スポニチ)

 試合結果
 決勝 9月6日
TEAM123456789HE
韓国001100000231
日本000000100143
【韓】Um S、Jung S-Kim J【日】森田、小島-岸田、栗原
 日本メンバー
打順守備選手名学校名打数安打打点
1(中)浅間横浜300
2(右)徳本龍谷大平安400
3(捕)一岸田報徳学園400
4(DH)岡本智弁学園310
5(三)香月大阪桐蔭310
6(左)明徳義塾311
7(一)安里沖縄尚学200
 打捕栗原春江工100
8(二)峯本大阪桐蔭310
9(遊)吉田履正社000
 安田明徳義塾300
2941
 投手成績
TEAM 勝敗選手名(学校名)被安打奪三振与四死球失点自責
日本森田(富山商)8 1/327420
 小島(浦和学院)2/311000
韓国Um S7 1/343211
 Jung S1 2/301000
 浦学選手の成績

 小島投手は1-2の韓国リード、なおも9回表1死一塁の場面で、森田投手に代わり2番手で登板した。最初の打者は右前打で1死一、三塁のピンチも、続く打者のスクイズがピッチャー前に転がり、三塁走者が三本間に挟まれタッチアウト。なおも2死二、三塁で次の打者を空振り三振。もう1点も与えられない場面を見事切り抜けた。2/3回を投げ、被安打1、1奪三振、無失点だった。

 フォトギャラリー

20140906_13 20140906_15

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx