試合速報はこちら

選抜4強浦学、好発進 初回から打線爆発 春季高校野球県大会

 (26日・県営大宮ほか)

 第2日は2回戦計7試合が行われ、選抜大会4強の浦和学院が初登場。山村学園を10-0の五回コールドと快勝スタートを切った。浦和学院は一回に4点、五回にも打者11人の猛攻で5点と打線が集中力を発揮。投げても左腕小倉、右腕榊原の継投で零封した。

 川越東、春日部東、花咲徳栄のシード勢も順当に16強入りした。川越東は本庄第一に9-0と大勝。花咲徳栄は4-1で大宮北を下し、春日部東は早大本庄を9-4で退けた。成徳大深谷は川越工に5-4の九回サヨナラ勝ちを収めた。

 第3日は県営大宮など4球場で2回戦の残り9試合を実施し、ベスト16が出そろう。

◇初回から強打爆発
1回表浦和学院1死一、三塁、山崎滉が左越えの2点適時二塁打を放つ

1回表浦和学院1死一、三塁、山崎滉が左越えの2点適時二塁打を放つ

 選抜4強の浦和学院は全国レベルの強力打線が一回から爆発。1死一、三塁で山崎滉の左越え2点適時二塁打などで4点先行すると、五回にも津田の2点適時打など打者11人で5点を加えた。

 投打の歯車がかみ合った快勝にも、主将の津田は「ピッチャーが代わってすぐに対応できないと上では厳しい」と反省。山崎滉も「初戦の緊張感がある中でしっかり戦えたが、まだまだ」と向上心をにじませた。

 甲子園で出番のなかった渡邊が中堅手として先発出場したほか、1年生3人がベンチ入り。森監督は「新戦力が夏に向けて成長してくれることが課題」とチーム内競争に期待を込めた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会2回戦 4月26日(県営大宮球場)
TEAM123456789HE
浦和学院40015    1081
山村学園00000    030
【浦】小倉、榊原-西野【山】佐々木、小熊、日置-牧野
▽二塁打:山崎滉、高橋、臺(浦)金子拓(山)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
諏訪310
112
津田422
山崎滉322
荒木200
高橋112
渡邊201
西野000
小倉211
1榊原
18810
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
浦和学院小倉422000
榊原110000
山村学園佐々木1/330012
小熊2/310102
日置440626

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。