試合速報はこちら

浦学、堅守で逃げ切り 前橋育英に6-2 きょう準決勝 春季関東大会

 第67回春季関東高校野球大会第3日は18日、山梨県の富士北麓公園野球場などで準々決勝4試合を行い、選抜大会4強で2年ぶり5度目の優勝を狙う埼玉大会覇者・浦和学院が前橋育英(群馬1位)を6-2で退け、2年ぶりの4強入りを決めた。県準優勝で昨秋に続いて関東大会初出場の川越東は佼成学園(東京2位)を6-1で破り、春秋通じて初のベスト4進出を果たした。

 浦和学院は先発の左腕小倉が切れ味鋭いスライダーを軸に九回途中2失点と好投。バックも無失策の堅守で左腕を援護し、六回には三塁手諏訪の好判断で窮地をしのいだ。打線は三回1死満塁から山崎滉の中越え2点二塁打などで3点を奪うと、八回にも1死一、二塁から敵失と幸喜の2点中前打で3点を加えた。

 川越東は1点を追う五回、敵失と野選で逆転すると、なおも2死満塁から星野が右前2点適時打を放つなど打者9人の猛攻で一挙4得点。六回にも吉沢、藤野の適時打で突き放した。投げては磯川、高橋、篠原の継投で三回以降は反撃を許さなかった。

 第4日は19日、山日YBS球場で準決勝2試合を実施。浦和学院は神奈川1位の東海大相模と対戦(10時)。川越東は群馬2位の健大高崎と顔を合わせる(12時30分)。

◇浦学、堅守で逃げ切り きょう準決勝

 第3日は2球場で準々決勝4試合を行い、選抜大会4強で埼玉王者の浦和学院が前橋育英(群馬1位)を6-2で退け、2年ぶりのベスト4進出を決めた。県大会準優勝で初出場の川越東は佼成学園(東京2位)を6-1で破り、初の4強入りを果たした。

 浦和学院は先発の左腕小倉が味方の堅守にも助けられて九回途中2失点の好投。打線は三回に山崎滉の中越え2点二塁打などで3点を奪うと、八回にも幸喜の2点適時打などで3点を加えた。

 川越東は1点を追う五回に星野の右前適時打など打者9人の猛攻で4得点と逆転に成功。投げては磯川、高橋、篠原の継投で三回以降は反撃を許さなかった。

 第4日は19日、山日YBS球場で準決勝2試合を実施。浦和学院は神奈川1位の東海大相模と激突(10時)。川越東は群馬2位の健大高崎と顔を合わせる(12時30分)。

◇打撃面に課題多く
浦和学院-前橋育英 6回表前橋育英1死一、二塁、井古田の三ゴロを浦和学院・諏訪(中央)が併殺に仕留める。二塁走者飯塚=富士北麓公園

浦和学院-前橋育英 6回表前橋育英1死一、二塁、井古田の三ゴロを浦和学院・諏訪(中央)が併殺に仕留める。二塁走者飯塚=富士北麓公園

 バックスクリーン後方にそびえ立つ富士山のように、揺るぎない堅守を武器に逃げ切り、浦和学院が2年ぶりのベスト4進出を決めた。

 三回に山崎滉の中越え2点二塁打などで3点を先行した浦和学院だったが、中盤は苦しい場面が続いた。先発小倉が2巡目の下位打線を迎えた五回、2死から四球と二塁打で二、三塁のピンチを招く。遊撃手津田が9番森平の打球を冷静にさばいて事なきを得た。

 続く六回の守備。1死一、二塁で打席には2回戦で逆転サヨナラ3点適時打を放っている4番井古田。2球目の内角直球を詰まらせた三ゴロが諏訪の正面を突くと、迷わず三塁ベースを踏んで一塁へ転送。華麗な併殺で窮地を切り抜けた。

 一方で、12安打を放ちながら4併殺と精彩を欠いた打撃面は課題が残った。森監督も「とにかくバントが下手。打たせればゲッツー。攻撃のリズムが悪過ぎる」とおかんむりだ。八回の攻撃では1死一、二塁から二塁走者がエンドランのサイン見逃し。結果は西野の打球が敵失を誘って得点したが、流れを失いかねない大きなミスだった。

 19日の準決勝は神奈川王者・東海大相模との大一番。主将の津田は「次は一つのミスで負ける相手。役割を果たせるように整えていきたい」と修正を掲げる。個々の力を結集しなければ、決勝の舞台も見えてこない。

◇先発小倉が好投 完封目前、被弾に悔い
8回2/3を2失点でまとめた浦和学院の左腕小倉

8回2/3を2失点でまとめた浦和学院の左腕小倉

 先発の左腕小倉は九回2死から四球を出すと、「ボールに投げるつもりだった」と続く兵頭への内角直球が甘く入った。完封を目前に左越え2ランを浴び、「きょうの真っすぐは50点行くか行かないか」と悔しげにマウンドを降りた。

 切れのあるスライダーを軸に一回から3者連続三振と最高の滑り出しを見せた。八回まで4安打無失点と辛抱強く投げ抜いたが、最後の最後に一球の怖さを痛感。「本当に必要な場面で真っすぐを投げ切れるように」と課題を挙げた。

◇4番の意地 先制二塁打 山崎滉

 攻守で一塁側スタンドを沸かせたのは山崎滉だ。1死満塁で迎えた三回の好機では「絶対に打ってランナーをかえすことだけ考えた」と中越えの2点二塁打。1打席目の一回1死一、三塁では甘い球を打ち損じて遊ゴロ併殺に倒れていたものの、4番の意地で先制点をたたき出した。

 七回にはフェンス際の一邪飛を好捕。「追い掛けてギリギリ届いた」という気迫のプレーで勝利に貢献した。2試合で6打数4安打4打点と大暴れの主砲は「どこが来ても自分のスイングをしたい」と語気を強めた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 準々決勝 5月18日(富士北麓公園)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
前橋育英 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 5 2
浦和学院 0 0 3 0 0 0 0 3 x 6 12 0
【浦】小倉、榊原-西野【前】松本、佐藤、山本-森田
▽本塁打:兵頭(前)▽二塁打:山崎滉(浦)佐藤(前)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
諏訪 3 0 0
3 2 0
津田 3 1 0
山崎滉 4 3 2
高橋 3 1 0
H9 桑原 1 0 0
荒木 3 2 0
西野 3 1 0
幸喜 4 1 2
小倉 4 1 0
1 榊原 0 0 0
31 12 4
 前橋育英打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
⑥7 石田 4 1 0
飯塚 2 0 0
高橋 2 0 0
H 奥沢 1 1 0
R6 長谷川 1 0 0
井古田 4 1 0
石川 3 0 0
H 小林 0 0 0
兵頭 4 1 2
森田 3 0 0
松本 1 0 0
1 佐藤 1 1 0
H 柴崎 1 0 0
1 山本 0 0 0
森平 3 0 0
30 5 2
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責点
浦和学院 小倉 8 2/3 5 5 4 2 2
榊原 1/3 0 0 0 0 0
前橋育英 松本 3 4 2 2 3 2
佐藤 4 5 0 0 0 0
山本 1 3 0 0 3 0
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 2 2 3 0 0 2 6
前橋育英 5 4 0 0 2 4 5

 序盤の得点で優位に試合を進めた浦和学院が、前橋育英の反撃を堅守でしのいだ。

 浦和学院は三回1死満塁から山崎滉の中越え2点二塁打などで3点を先制。八回には1死一、二塁から敵失と幸喜の中前2点打で3点を加えた。先発の左腕小倉は九回2死から兵頭に2ランを浴びて完封を逃したが、好守にも助けられて8回2/3を2失点にまとめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。