試合速報はこちら

浦和学院、隙見せず5回コールドで準決勝進出

 浦和学院が、すきを一切見せず5回コールド勝ちで準決勝へ進出した。

 初回に打者一巡の猛攻で5点を先制すると、その後も順調に加点。先発の小倉匡祐投手(3年)が3回、榊原翼投手(2年)が1回、エース江口奨理投手(3年)が1回を投げ完封リレー。

 森士監督(51)は「相手投手の疲労もあって、立ち上がりにうまく攻撃できた。ここまでの試合で、けが人を出さずに来られたのは良かった。準決勝と決勝は集大成のつもりで臨みたい」と語った。

(日刊スポーツ)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。