U-18日本代表、ブラジルにコールド勝ち 津田選手は初安打

201508282200 野球の第27回WBSC U-18ワールドカップが28日に開幕し、日本代表「侍ジャパン」U-18代表は同日、1次ラウンド初戦でブラジルと対戦し、14対0でコールド勝利を挙げ、初優勝へ向け白星発進となった。

 日本は初回、3番・平沢大河(仙台育英)の犠牲フライで先制すると、1死満塁から勝俣翔貴(東海大菅生)が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち、幸先良く4点を挙げる。

 さらに4回には、この日「4番・DH」でスタメン出場の清宮幸太郎(早稲田実)の押し出し四球、5回にはオコエ瑠偉(関東一)のタイムリー、清宮のタイムリーなどで加点をし14安打14得点と、ブラジルに圧倒した。

 先発の上野翔太郎(中京大中京)は5者連続を含む8奪三振でブラジル打線を寄せ付けず6回無失点。最後7回は森下暢仁(大分商)が3人で打ち取り完封リレーとなった。

 日本はあす29日、前回大会決勝で敗れた米国と対戦する。

 試合結果(1次ラウンド第1戦)
 TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
ブラジル 0 0 0 0 0 0 0     0 2 2
日本 4 0 0 1 4 5 x     14 14 0
【ブ】 ●キタヤマ、オクダ、キムラ、ドゥラン-A・オリベイラ
【日】 ○上野、森下-堀内
勝俣(日)
豊田(日)
 浦学・津田選手の成績

 5回裏、6番勝俣の代打伊藤が四球で出塁、伊藤の代走で津田選手が出場。相手投手のボークで二塁へ進塁。7番堀内の中前打で津田選手が6点目のホームを踏む。

 6回表から津田選手はサードの守備へ。6回裏、津田選手の初打席はレフト前ヒット!今大会初安打。2打席目はストレートの四球で出塁。1打数1安打1四球と全打席出塁した。

 7回表、宇草がサード、サードの津田選手はショートへ。



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ