試合速報はこちら

浦学、エースが投打で輝き 坂戸に競り勝つ 高校野球埼玉大会

 (16日・県営大宮ほか)

 第6日は6球場で3回戦16試合を行い、初の4回戦進出を目指す八潮南とDシード正智深谷の一戦は延長十五回、2-2で引き分け再試合となり、17日に熊谷公園の第3試合(15時開始予定)で争われる。

 昌平は右横のエース岩瀬が7安打を浴びながらも、緩急自在に要所を締めてDシードふじみ野を1-0と完封。市川越は逆転を許した直後の九回、1死二塁から石井が左翼線へ同点二塁打。なおも2死一、二塁で横田が中前適時打を放ち、所沢商に5-4で逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 Aシード浦和学院は坂戸を2-0で退け、武南は菊川の決勝打で秀明英光に5-4と延長十回サヨナラ勝ち。三郷北は6-4で上尾南を下し、入間向陽は5-4で川越西に競り勝った。

 第7日は17日、3回戦残り17試合を実施し、4回戦に進む32チームが出そろう。

エースが投打で輝き 浦和学院

 初戦に続いてエース右腕榊原が投打で輝いた。二回1死二塁から左翼フェンス直撃の先制打を放つと、本職の投球でも坂戸打線を5安打完封。「立ち上がりは球が浮いた」と一回に満塁のピンチを招いたが、後続を遊直に抑えた。

 一つ一つのプレーに気迫をみなぎらせ、「打った後にアウトカウントを間違えたり、満足できる内容ではなかった」と飽くなき向上心を燃やす。王座奪還の指名を背負う右腕は「ここから連戦。絶対に負けられない」と表情を引き締めた。

(埼玉新聞)

11K完封!浦和学院・榊原、16人連続アウト

 埼玉3回戦で坂戸に2-0で勝利した。9回5安打11奪三振で完封した先発の榊原は「(森)監督に、低め低めと指示されて、意識して投げ抜くことができました」と淡々と振り返った。一回二死満塁のピンチを切り抜けると、二回から七回途中まで打者16人連続でアウトにし、流れを渡さなかった。試合後も投球フォームを確認したエースに隙はない。

(サンスポ)

 試合結果
 3回戦 7月16日(県営大宮)
TEAM123456789HE
坂戸000000000052
浦和学院010100002101
【浦】榊原-梶山
【坂】長野、永田竜、長野-茂呂
家盛2、榊原2(浦)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
山本310
家盛320
諏訪300
蛭間400
幸喜440
前田100
榊原321
梶山310
杉山400
28101
 坂戸打撃成績
位置選手名打数安打打点
大倉300
④8西村410
⑤4小鹿野400
大谷木420
高橋320
茂呂400
田中300
黒瀬200
H浅野100
8吉元000
1 5永田竜000
①51長野300
3150
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
浦和学院榊原9511200
坂戸長野7 2/3100132
永田竜1/300010
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院05311010
坂戸11201216

 浦和学院はエース右腕榊原が5安打完封。二回に左翼フェンス直撃の適時二塁打を放つなど投打に活躍した。坂戸は好機で一本が出ず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。