夏の甲子園、地方大会中止を決定 埼玉は代替大会検討

 日本高野連は20日、選手権運営委員会をオンラインで開き、8月10日から甲子園での開催を予定していた第102回全国高校野球選手権大会について、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止にすることを決めた。引き続き行われた理事会で決定した。夏の甲子園大会の中止は3度目で戦後では初。選抜大会と春夏連続での中止は史上初めて。代表校を決める地方大会も中止となったが、埼玉県高野連では代替大会の開催を検討している。

 日本高野連は無観客での開催なども視野に慎重に検討を進めてきたが、多くの学校は休校の状態で、休校が明けてから部活動を再開する時期が見通せない地域もあることから、甲子園大会への切符を懸けた地方大会の全国一律での開催は難しい情勢になっている。また、全国大会の開催に当たり、移動や宿泊による感染リスクも懸念されていた。

 全国選手権大会は1918年の第4回大会が米騒動で、41年の第27回大会が戦局悪化で中止。42~45年は中断、46年から再開した。選抜大会も42~46年中断されたが、3月の第92回選抜大会が予定されていた大会として史上初の中止となった。



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

#今日のサカマネ
#GAKUURA
最近残念なことに学浦がトーナメント不振。1年生大会、優勝してこの代で再ブレイク、ありですよね

育英―健大以外で可能性のあるとこをあげるなら桐蔭―履正社か花咲―浦学だろうね
いつか観てみたいもんだな、決勝での同県対決

明日、徳栄の交流試合と浦学の試合時間がかぶってる😭 東京東西対決もあるし楽しみ

もっと読み込む...

 

アーカイブ