試合速報はこちら

浦学、川口工にコールド勝ち 夏季県高校野球大会

 第6日は東西南部の3地区で2、3回戦計14試合が行われた。南部地区3回戦では埼玉栄が、昨秋の県大会で準優勝し関東大会8強に進んだ西武台を5-2で退け、同地区ベスト8入り。東部地区は雷雨のため、12日に消化できなかった2回戦2試合が行われ、六回降雨コールド引き分け再試合となった白岡-叡明は、白岡が7-4で勝利。「2020年甲子園高校野球交流試合」に出場し、今大会の初戦が順延された花咲徳栄は、4-1の五回降雨コールドで春日部工を退けた。

 西部地区3回戦では、山村学園が9-0で川越西に快勝。狭山ヶ丘は10-0の六回コールドで所沢北を下し、ともに同地区8強に進んだ。

 第7日は14日、県営大宮など5球場で、東西部2地区の3回戦計12試合が行われる。

準備万全3年生、序盤で光る活躍 浦和学院

 ベンチ入りの全選手を3年生としたのは初。森監督は「コロナ(感染拡大)で2カ月自粛した中、精力的に準備していたのが3年生だった」と説明した。最上級生たちは一回と二回に3点ずつ奪い、序盤で主導権を掌握。守っては、先発廣咲が3回パーフェクトピッチングを披露した。エースは「次の試合も味方が打つまで取られない」と頼もしかった。

伝統を守り上を 川口工・丸山主将

 (唯一の3年生)先頭打者としてチームを引っ張れなかった。後輩は伝統を守り、上を目指してほしい。

(埼玉新聞)

試合結果

南部地区3回戦(8/13・県営大宮)

TEAM1234567HE
川口工00000  012
浦和学院33004x  10100
【浦】廣咲、木藤忠-石崎
【川】阿部、小野寺-山崎
里、池田2、金丸、齊藤、友田(浦)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
310
池田323
小櫻300
金丸322
木藤大200
齊藤311
石崎311
廣咲110
H菅野100
1木藤忠111
友田211
25109
 川口工打撃成績
位置選手名打数安打打点
丸山200
原田200
山崎100
①3阿部200
板東210
八木橋200
落合200
西野100
1小野寺100
渡邊100
1610
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
浦和学院廣咲305000
木藤忠214100
川口工阿部261006
小野寺2 2/340014
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院1114003
川口工9100202

コメントを残す

error: Content is protected !!