試合速報はこちら

浦学、大宮東下し8強 主将けん引 流れつかむ 春季県大会

 (30日・上尾市民ほか)

 第5日は、3回戦8試合を行い、昌平、浦和実、埼玉栄、浦和学院、春日部共栄、花咲徳栄、上尾、立教新座がそれぞれ勝ってベスト8が出そろった。

 浦和学院はBシード大宮東に8-0の七回コールド勝ちした。同じくBシード春日部共栄は10-1で本庄東に快勝し、立教新座が13-6でAシード細田学園に逆転勝利。上尾はCシード川口市立を2-0で下した。

 第6日は1日、県営大宮と上尾市民で準々決勝4試合が実施され、4強が決定する。

主将けん引、流れつかむ 浦和学院

 呼び込んだ流れは一度も渡さなかった。投打で地力の差を見せつけた浦和学院が、Bシード大宮東を撃破した。

 勝利の立役者は主将の4番吉田瑞だ。まずは、打撃で見せる。1-0の三回1死一、二塁から「バットを短く持ってコンパクトに振った」と左翼席へ3ランを放った。そして、捕手としても貢献。「積極的に(バットを)振ってくるチームに慎重に配球した」と左腕宮城、2番手吉田匠ら投手陣の持ち味を存分に引き出して無失点に抑えた。

 実力校が集まった山を勝ち上がり、2018年以来の優勝まで残り三つ。背番号2は「一戦必勝で戦うだけ」と頂点まで駆け上がるつもりだ。

(埼玉新聞)

試合結果

春季県大会・3回戦(4/30・上尾市民)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
大宮東 0 0 0 0 0 0 0     0 4 1
浦和学院 0 1 6 0 0 1 x     8 10 1
【浦】 宮城、吉田匠-吉田瑞
【大】 清藤、高橋亮、福田、中尾-高橋大
藤井、吉田瑞(浦)
三奈木(浦)

打撃成績

 浦和学院
位置 選手名 打数 安打 打点
⑥1 吉田匠 2 1 0
八谷 3 1 0
松嶋 2 0 0
吉田瑞 4 2 3
⑨3 三奈木 3 2 1
⑧9 藤井 3 1 1
高松 2 1 0
①8 宮城 4 1 2
③6 金田 3 1 1
26 10 8
 大宮東
位置 選手名 打数 安打 打点
高橋大 3 0 0
菊谷 3 0 0
小倉 3 1 0
山岸 3 1 0
市岡 2 0 0
H 1 1 0
清水 3 1 0
宇田 3 0 0
今井 2 0 0
清藤 1 0 0
1 高橋亮 0 0 0
H 斎藤 1 0 0
1 福田 0 0 0
1 中尾 0 0 0
25 4 0

投手成績

 浦和学院
選手名 安打 三振 四球 死球 失点 自責
宮城 5 2 7 0 0 0 0
吉田匠 2 2 1 0 0 0 0
7 4 8 0 0 0 0
 大宮東
選手名 安打 三振 四球 死球 失点 自責
清藤 2 1/3 4 1 2 0 4 4
高橋亮 1 2/3 4 0 0 3 3 3
福田 1 2/3 2 1 2 0 1 1
中尾 1/3 0 1 1 0 0 0
6 10 3 5 3 8 8

チーム成績

TEAM 攻撃 守備
三振 四死球 犠打 盗塁 残塁 失策 併殺
浦和学院 3 8 1 3 9 1 1
大宮東 8 0 0 0 4 1 0
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。