試合速報はこちら

きょう決勝 見どころ 高校野球埼玉大会

春の王者対秋の覇者 終盤までもつれる展開か

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は28日、県営大宮で浦和学院-昌平のカードで決勝が行われる。3年ぶり14度目の優勝を狙うAシード浦和学院と初の甲子園出場を目指すBシード昌平。両校の対戦は、春季県大会準決勝で延長十回の末、10-9で浦和学院がサヨナラ勝ちした。149チームがしのぎを削った熱い戦いもあと一戦。準決勝までのデータを基に決勝を探った。

 春王者の浦和学院と秋覇者の昌平の一戦は、春季県大会準決勝同様に終盤まで、もつれる展開が予想される。

 浦和学院は投手陣が安定している。ここまで6試合で7人が登板し、自責点は4。吉田匠は、打者55人に対して22奪三振、防御率0・00と圧巻な数字だ。エース宮城は15回2/3を投げて四死球が一つと制球力を誇る。

 勝負強い打線は、4番吉田瑞がチームトップの打率4割2分1厘を記録。5番藤井が9打点と好機で得点を生み出しているだけに、中軸の前で確実に走者をためたい。

 一方の昌平は、先発メンバーの野手陣全員が打率3割超え。さらに盗塁18と足も駆使する。打率4割3分5厘の1番寺山が出塁し、小技もできる福地で好機を広げ、長打を狙える3番吉野で一本出したい。好調の6番川田に4盗塁の8番山村と下位でも得点が狙える。

 投手陣は、エース田村が20回2/3、吉川が14回2/3を投げて防御率3点台。ピンチの場面でも踏ん張って、打線の奮起が勝敗の鍵を握りそうだ。

浦和学院成績

【打撃成績】
選手名 学年
宮城 2 .600 10 3 6 5 1 1 0 0 0 4
吉田瑞 3 .421 19 9 8 6 1 5 0 2 0 4
金田 2 .261 23 2 6 4 2 1 2 0 1 4
八谷 2 .250 16 4 4 2 4 2 3 1 1 3
高松 3 .381 21 7 8 7 1 2 0 2 0 3
吉田匠 3 .105 19 5 2 4 0 5 3 2 1 3
松嶋 3 .250 16 6 4 4 1 8 1 2 0 8
藤井 3 .375 16 7 6 9 0 4 3 1 0 4
三奈木 3 .200 5 2 1 3 0 4 1 3 1 4
芳野 2 .000 2 0 0 0 1 0 0 0 0 1
浅田 2
高山 2 .000 2 0 0 0 1 0 0 0 0 0
倉岡 3
尾崎 3
大内 2
観音 3
松田 3 .000 2 1 0 1 1 4 0 0 0 3
石田 3 .250 4 0 1 1 0 0 0 0 0 1
安達 3 .222 9 2 2 2 0 1 0 0 1 1
藤野 2
.293 164 48 48 48 13 37 13 13 5 43
▽本塁打:藤井2、吉田瑞、高松
▽二塁打:吉田瑞3、松嶋3、宮城2、高松2、八谷、吉田匠、藤井、安達
【投手成績】
投手 防御率
宮城 1.72 15 2/3 66 17 15 1 5 3
金田 0.00 6 2/3 23 1 4 2 0 0
吉田匠 0.00 14 1/3 55 6 22 5 0 0
三奈木 0.00 1/3 3 0 0 2 0 0
芳野 0.00 5 1/3 18 1 7 1 0 0
浅田 0.00 2/3 1 0 0 0 0 0
高山 9.00 1 5 2 2 0 1 1

※データは準決勝まで6試合分

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。