試合速報はこちら

千葉ロッテ・小島和哉投手、完封で自身初の2桁10勝目 田中将に投げ勝つ

ロッテ小島和哉10勝、連続失策ピンチ乗り越え マー君投げ合いにも勝った

完封勝ちしロッテ井口監督(左)とタッチを交わす小島

 ロッテ小島和哉投手(25)が男を上げた。ちょうど100球で楽天打線を3安打完封。自身初の2ケタ勝利で、チームの10勝一番乗り。初回の2得点を守り、味方の失策も力投でカバー。優勝マジック点灯寸前から4連敗と苦しんだチームを救った。「天の上の人」という楽天田中将大投手(32)と投げ合っての価値ある1勝。浦和学院(埼玉)-早大と歩んだ左腕が、プロの投手として独り立ちし悲願の優勝へチームをけん引する。

 エースの活躍をした小島には完封より10勝より、うれしかったことがある。

 「僕自身、シーズン前半あまりチームに貢献できなかった気持ちが強くて。いつも打って勝ちをつけてもらった。お互い助け合いの気持ちじゃないですけど、エラーした時は僕が投げて絶対助けるんだという気持ちで抑えられたので」

 無安打投球の5回、一塁レアードが連続失策でピンチを作った。前回登板では中村奨の失策を機に2失点。この日は無失点で切り抜け、自分の弱さを乗り越えた。ベンチに戻りながら、併殺を取った二遊間をねぎらおうと上半身だけひねって歩いた。4連敗を喫し、益田と中村奨を中心に選手ミーティングを開き、意思統一した翌日の大仕事になった。

 田中将とのタフな投げ合いは、9回の攻防まで続いた。「天の上の人のような」と表現する。「偉大な人と投げ合えることが、僕の野球人生の中でもすごい幸せだなと思って、今日は投げられたと思います」。苦しみながらも首脳陣の信頼を勝ち得てきたからこそ、託されたこの舞台。左打者の内角にも直球を強気に差し込み続ける姿に、井口監督も「ほんっとによく投げてくれた」とたたえた。本当に、ではなく「ほんっとに」と余韻を込めた。

 中学時代には緊張感ある投手戦を制した直後、バッテリーで思わず涙したこともある。10年を経て、感謝が何より先に出る青年になった。チームの貯金は11で、うち7つを小島が稼いだ。「優勝できなかったらその貯金も意味ないと、自分の中では思っているので」と慢心や油断とは無縁。「早稲田の魂を引き継いで頑張りたいです」と引退する日本ハム斎藤の姿からも力を得た。野球人生、もうすぐ20年。ロッテのために、全ての学びを力に変える時が来た。

ロッテ左投手2桁勝利は成瀬以来9年ぶり

 小島が無四死球の完封勝利で自身初の10勝目。ロッテ左投手の2桁勝利は、12年に12勝を挙げた成瀬以来9年ぶり。また、無四死球完封は昨年9月14日オリックス戦の二木以来で、左腕では11年4月26日オリックス戦の成瀬以来。

(日刊スポーツ)

ロッテ小島が完封 田中将に投げ勝つ 先輩の斎藤に誓う「早稲田の魂を引き継いで」

ファンにあいさつする小島

 ロッテの小島和哉投手が早大の先輩、斎藤佑樹投手のひたむきな姿に感銘を受け、残り試合、早稲田魂で快投を演じると誓った。

 田中将との投げ合いに勝利し、9月19日・日本ハム戦に次ぐ2度目の完封勝利を果たした左腕。この日、先輩右腕はイースタン・DeNA戦で2軍戦のラスト登板を務めた。

 小島は、しんみりとした表情で「斎藤さんこそ、甲子園で投げている姿を見ていたし、早稲田の大先輩なので、なんて言うんでしょうか。しっかりと早稲田の魂を引き継いで頑張りたいなと思います」と、語った。

(デイリースポーツ)

ロッテ・小島、チーム連敗4で止める完封で初の10勝「優勝します」マー君との対決に「投げ合えて嬉しい」

最後の打者を三振に打ち取り完封勝利、雄たけびを上げる小島

 2位のロッテが3日、3位・楽天と対戦し2-0で勝利。連敗を4で止めた。先発・小島和哉投手(25)が楽天・田中将大投手(32)との投げ合いとなる中、9回、100球を投げてわずか3安打無失点とし、今季2度目の完封勝利。自身5連勝、初の2桁となる10勝目を挙げた。

 小島は4回まで全て3者凡退の完璧な投球。5回は1死から一塁手・レアードの連続失策で一、二塁とされたものの、続くディクソンをカットボールでニゴロ併殺に退けた。6回は先頭・辰己に右前打を許し、犠打で1死二塁とされたが、山崎剛をカットボールで、岡島をスライダーでニゴロに斬った。

 7回は1死から島内に左前打を許したものの、鈴木大をカットボールでニゴロ、茂木を直球で中飛に抑えた。8回は3者凡退。9回は先頭・山崎剛に右前打を許したが、岡島をニゴロ併殺に、浅村を空振り三振に仕留めた。

 小島は自身初の2桁勝利に「ずっと目標にして来た数字だったので、それを完封で飾ることができて嬉しいです」と笑顔を見せた。楽天・田中将との投げ合いにも勝利したが、「僕がずっとテレビで見てた時に投げてた人だったので、ずっと尊敬と言うか、憧れがあったんですけど、投げ合えて凄く嬉しいです」と喜んだ。

 5回まで無安打など3安打完封には「真っすぐ自体は良かったんですけど、野手の皆さんに助けられて、何とか投げ切れたかなと思います」と謙虚に語った。最後は「皆で助け合って、何とか1勝をもぎとって、優勝、必ずします!応援よろしくお願いします」と力強く呼びかけた。

(スポニチ)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。