試合速報はこちら

早大・蛭間拓哉、3安打「崩されながらも対応できた」大学代表候補選考合宿

 大学代表候補選考合宿の紅白戦で4日、東京6大学リーグ通算10本塁打の早大・蛭間拓哉外野手(3年=浦和学院)が持ち味の打力を披露した。愛媛・松山での合宿2日目は紅白戦2試合が行われた。

 蛭間は初球から積極的に振っていくスタイルを貫いた。全5打席で、初球をファウル4回と空振り1回。振ることで、初対戦の投手とタイミングを合わせた。ファーストストライクを見逃さず、3安打をマーク。「崩されながらも、対応できた。レベルの高い投手ばかりなので、大振りすることなく打てたので良かったと思う」と振り返った。

 浦和学院時代にも高校日本代表を経験し、U18アジア選手権(宮崎)で銅メダルを獲得。外野の守備でも好プレーを見せた来秋ドラフト候補は「大学でも日本代表を背負いたいという思いは強いのでアピールしていきたい」と話した。

(日刊スポーツ)

練習試合で適時打を放つ早大・蛭間拓哉

早大のドラ候補・蛭間が宿敵ともタッグ 慶大・広瀬らから助言授かり「勉強になった」

 大学日本代表候補選手強化合宿は4日、愛媛県の松山坊っちゃんスタジアムで2日目が行われた。午前、午後にまたいで実施された13イニングの紅白戦では「8番・左翼」で出場した早大の蛭間拓哉外野手(3年)が、5打数3安打1打点でアピールに成功した。

 「久々の実戦だった。崩されながらだったんですけど、対応できたと思います。レベルの高いピッチャーばかりなので、常にセンター前を意識しながら、あまり大振りすることなく打てたので良かったです」と話した。

 東京六大学リーグの現役選手では最多となる通算10本塁打を誇り、来秋のドラフト候補に挙がる左の長距離砲は、浦和学院時代の18年に高校日本代表に選出。「高校の時に経験させてもらって、大学でも日本代表を背負いたいという思いは強い。これからしっかりアピールしていきたいと思います」と日の丸への思いを語った。

 同じ長距離としてプロ注目の中大・森下翔太外野手(3年)、慶大・広瀬隆太内野手(2年)らと意見交換し「長打が打てる打者と会話ができ、凄く勉強になった。それをきょう実戦できたので良かったと思います」と成果を語った。

 リーグ、チームの垣根を越えて成長を目指す。

蛭間 拓哉(ひるま・たくや)

 2000年(平12)9月8日生まれ、群馬県出身の21歳。小3から野球を始め、中学時代は前橋桜ボーイズでプレー。浦和学院では1年春からベンチ入りし、同春の関東大会では4番に座った。甲子園は3年夏に出場し8強。早大では1年春からリーグ戦に出場。1メートル76、87キロ。左投げ左打ち。

(スポニチ)

コメントを残す

error: Content is protected !!