試合速報はこちら

中大に浦学・三奈木亜星、松嶋晃希ら15人が合格

 東都大学リーグの中大が10日、22年度入試の推薦入試の合格者15人を発表した。

 長崎商・田村琉登はキレのいい直球とシンカーを武器とするサイドスロー右腕。今夏、甲子園3回戦進出に貢献した。

 浦和学院・三奈木亜星は最速146キロ右腕。今夏は外野手も兼任し、5番打者としても活躍した。

 大阪桐蔭・繁永晟は、走攻守3拍子そろった選手として今年、春夏連続出場。前橋育英・皆川岳飛は、今夏の群馬県大会で3試合連続本塁打を放つなど、チームの主砲として今夏の甲子園出場に貢献した。また、今年、中大のエースとして活躍した皆川喬涼の弟でもある。

 15名は次の通り。

【投手】
秋山 恭平広島新庄
城颯 空富山商 
三奈木 亜星浦和学院
山口 謙作上田西
田村 琉登長崎商
【捕手】
綱川 真之佑健大高崎
根岸 拳心関東学園 
野呂田 漸秋田中央
【内野手】
青木 良弘常総学院
楠原 悠太関東第一 
繁永 晟大阪桐蔭
坪井 洸之介創志学園 
【外野手】
松嶋 晃希浦和学院
皆川 岳飛前橋育英
永井 大斗福岡大大濠

※校名の後の○は、甲子園出場選手。

(日刊スポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。