試合速報はこちら

実力校同士の打撃戦か きょう決勝 6年ぶり2度目のカード 見どころ

 第105回全国高校野球選手権埼玉大会は28日、県営大宮で花咲徳栄-浦和学院(10時)のカードで決勝が行われる。4年ぶり8度目の優勝を狙うDシード花咲徳栄と、2年ぶり15度目の栄冠を目指すAシード浦和学院の決勝での対戦は、6年ぶり2度目となる。準決勝までのデータを基に決勝を探った。

 近年の埼玉高校野球をけん引してきた実力校同士の一戦。ともに選手個人の能力が高く、チーム打率も3割後半を誇るだけに、打撃戦が予想される。

 花咲徳栄は、先発メンバーの野手陣の平均打率が4割超えと強打者がそろう。特に打率6割1分9厘の生田目、5割の石塚、4割超えの小野、増田が並ぶ2~5番は脅威となりそう。選球眼を光らせ51四死球と出塁率が5割を超えるしたたかな野球にも注目だ。

 守っては、準決勝の昌平戦での6失点のみ。15回1/3登板したエース木田が自責点4と安定。左腕高橋は打者34人に対し15奪三振と速球で勝負する。

 一方の浦和学院も、4本塁打を含む26本の長打でチーム打率3割9分4厘の打撃が持ち味。打率4割7分8厘の1番小林が11安打7打点のミート力に俊足を絡め高い出塁率を誇る。打率4割超えの2番月山、3番喜屋武でかえしたい。打線が好調な中、9番江口は小技を絡めた攻撃で堅実に得点を重ねられる。

 チーム防御率0・45の投手陣は、左腕鈴木が打者50人に対し四死球2と制球力抜群。左腕細澤も11回を投げ自責点0と好投を続ける。6人の投手で相手打線を抑えたい。

浦和学院成績

【打撃成績】
選手名学年
伊藤3
篠塚3.33318567232114
名波3.3339333100002
月山2.476218107332404
西田1.38121485412015
石田1.33312344023114
濱野3.00013202300100
小林3.4782310117140105
喜屋武3.41217378162105
渡邉3.4005021001001
月野3
齋藤3
細澤3.6673221002000
河内3.53813672121307
三井2.7504130110001
小栗3.5006431100001
山田20300010101
江口3.3758334112003
鈴木3.3336220300000
田中3.0001000100000
.39418059715223241713343
▽本塁打:篠塚、西田、小林、喜屋武
▽三塁打:月山、小林2、喜屋武、細澤
▽二塁打:篠塚2、名波2、月山、西田3、石田、小林2、喜屋武2、河内、三井2、江口
【投手成績】
投手防御率
伊藤4.5021012211
渡邉1.0093429511
月野0.0031024000
細澤0.00114469510
鈴木0.001550420200
田中0.0031324200

※データは準決勝までの6試合分

(埼玉新聞)

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx