試合速報はこちら

浦学の主力投手は東洋大、明大、日体大などへ進学 弁護士志望を掲げる選手も

【写真】月野龍(左)と喜屋武夢咲

 昨年、2年ぶりに夏の甲子園出場を果たした浦和学院(埼玉)の卒業する3年生の進路が発表された。

 まず投手陣ではエース左腕で、大阪桐蔭との練習試合で完封勝利を上げた伊藤充輝投手は東洋大、140キロ中盤の速球、打者としても公式戦で本塁打を記録した渡邉 聡之介投手は明治大に進む。

 俊足巧打の外野手として活躍した小林聖周外野手、140キロ前半の速球、鋭いスライダーを武器に活躍した田中樹人投手は日本体育大へ。同じく小林とともに下級生から公式戦に出場していた喜屋武夢咲外野手は昨年、明治神宮大会出場の上武大、145キロ右腕の月野龍投手は富士大に進む。

 3年生32人中、22人が継続。ベンチ入り選手の河内廉太朗選手は大学では野球を継続しないが、弁護士を目指し、國學院大の法学部に入学予定。原子一咲選手は立正大の学生コーチ兼トレーナーとして野球部に入部する予定だ。

参考 浦学が3年生の進路発表!東洋大、明大、日体大…弁護士志望の選手も高校野球ドットコム 今年度の進路先
guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx