延長15回譲らず、好機に主軸沈黙 きょう再試合

 (1日・上尾市民ほか)

 第7日は準々決勝4試合が行われ、南稜、川口、埼玉栄がそれぞれ勝って4強入りするとともに、埼玉で開催される関東大会(19~23日・県営大宮ほか)への出場を決めた。南稜、川口はともに初のベスト4で初の関東切符。埼玉栄は3年ぶり5度目。

 浦和学院-春日部東は延長十五回、1-1で引き分け、再試合となった。春日部東は蕨との2回戦に続く今大会2度目の再試合。

 南稜は延長十二回、2死二塁から竹原の右前打で昨秋4強の春日部共栄に5-4でサヨナラ勝ち。川口は4-4の九回、2死一、二塁から高窪の二塁打で2点を勝ち越し、所沢商を6-4と逆転で退けた。埼玉栄は2回までに4点を奪い成徳大深谷の反撃を本間、芝崎の継投でしのいだ。

 第8日は2日、県営大宮で浦和学院-春日部東(12時)を実施し4強が出そろう。

◇好機に主軸沈黙 浦和学院

 浦和学院は延長戦での3度の好機を生かせず、引き分けに持ち込まれた。四回に笹川が右前への当たりで二塁を陥れると、続く石橋が「思い切って振れた」と右前適時打で先制したが、春日部東の中継ミスにも助けられた1点だった。

 延長十二回1死二塁、十三回には2死満塁、十五回1死二塁の好機で主軸に一本が出なかった。「選手も受け止めざるをえない」と森監督。「気持ちで一人一人抑えた」と15回を完投した山口のためにも、明確な課題をクリアする必要がある。

◇若月が千金同点打 春日部東

 春日部東は2回戦の蕨戦に続き今大会2度目の延長15回ドロー。左腕エース熊谷が「相手が強ければ強いほど燃える」と球持ちのいいフォームから狙い球を絞らせず、強打・浦和学院打線を15回8安打1失点に抑えた。

 1点を追う九回2死三塁で、主将の若月が「思い切りのよさが出た」と初球の甘い直球を右前へ運ぶ値千金の同点打。投手陣は田中、丹羽とエース級が控えるだけに、中野監督は「天気のこともあるのでゆっくり考える」と再試合へ思案を巡らせていた。

■準々決勝

春日部東
000000001000000=1
000100000000000=1
浦和学院

(延長15回引き分け再試合)

【浦】山口-林崎
【春】熊谷-中村豪

▽三塁打 松尾(春)
▽二塁打 笹川、山口、林崎(浦)及川(春)

【投手成績】
山口 15回、被安打7、8奪三振、与四死球3、失点1、自責点1

【打撃成績】
⑥竹 村 6-1-0
②林 崎 6-2-0
⑧佐 藤 5-1-0
⑨笹 川 6-1-0
⑦石 橋 6-1-1
⑤山 根 3-0-0
5木 暮 3-1-0
③明 石 5-0-0
①山 口 6-1-0
④吉 川 2-0-0
H西 岡 1-0-0
4緑 川 3-0-0

(打数-安打-打点)

安打:浦8、春7
三振:浦6、春8
四球:浦6、春3
盗塁:浦3、春1
犠打:浦0、春1
併殺:浦0、春0
失策:浦0、春0
残塁:浦12、春8

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

サンバファンファーレからの
浦学サンバキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

春日部共栄、埼玉大会で優勝してたのか!徳栄、浦学の2強にちょっと待ったー出来るかの非常に大事な

VS横浜高校戦(及川、内海ら率いる)

が今日!!

【全27アウト】浦和学院・小島和哉、完全試合 第95回全国高校野球埼玉大会準々決勝
https://t.co/FPr6z3POS8
#完全試合
#浦和学院
#小島和哉

審判、、、って思ったら負けやなぁ笑笑
浦学戦の極のゲッツー思い出す笑笑

スーパーシードの高校って意外とあっさり負けて選抜逃すイメージある(いつかの浦学もそうだった)

もっと読み込む...

 

アーカイブ