立大リードしながらノーゲームで2発幻 東京六大学野球

 立大-法大戦は17日、降雨のため5回表無死一塁で中断、そのままノーゲームとなった。立大は3回、佐藤拓也外野手(4年=浦和学院)が2ランを放って逆転。笠松悠哉三塁手(3年=大阪桐蔭)も2ランして4-2とリードしながら、試合は成立せず、本塁打も「幻」となった。第2試合に予定された明大-東大戦とともに18日に持ち越された。

 立大・佐藤拓がノーゲーム決定後、苦笑いを浮かべた。「やって欲しかった。祈っていたんですが」。50分の中断中、再開を願って待機したが、天には通じなかった。昨秋までの通算74安打は現役トップ。前日の1回戦で二塁打を放ち、この日の2ランで76本としたはずだった。「状態は悪くないんで、このまま明日に持って行きます」。首位打者を目標にするドラフト候補は自らに言い聞かせた。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

総体
神奈川県2次予選
準々決勝
2019.6.16
@日大藤沢G

三浦学苑 2(延長)1 平塚学園

後半13分 8渡邊波季(平塚学園)
後半40分+4 10相原琉希(三浦学苑)
延後8分 6押本凌弥(三浦学苑)

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

2019 インターハイサッカー男子
神奈川予選

▼準々決勝
日大藤沢 3-2 横浜創英
東海大相模 3-2 湘南工大附
橘 0-1 桐光学園
三浦学苑 2-1 平塚学園

▼準決勝
日大藤沢 vs 桐光学園
東海大相模 vs 三浦学苑

先制した平学がキーパーのスーパーセーブやポストなどに助けられK1三浦を倒したと思われたが最後セットプレーから押し込まれ延長に。暑いし疲れたで笑2試合連続延長はきつい

もっと読み込む...

 

アーカイブ