<浦和学院だより>平常心意識付け あす仙台育英と初戦

トスバッティングでバントする浦和学院の佐野(右)ら=10日午前、兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンター野球場

 12日に仙台育英(宮城)との初戦を迎えるチームは10日、午前10時から兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンターで2時間の練習を行った。

 アップで体をほぐした後、投内連係を含めた守備を確認した。内野のノックを自ら打った森監督は「基本に忠実に。いつもの力を出せるような心理状態を」と心の準備を促し、選手たちに平常心を意識付けした。

 その後は実戦形式でレギュラー組の打撃陣が右腕渡辺、左腕永島、右横手の美又、右腕河北のタイプの違う4投手と対戦した。森監督の「ファーストストライクからどんどんいけ」と指示が飛ぶ中、主砲蛭間が右中間にアーチを描くなど、大きな当たりも飛び出した。

 快調に見えた打線だったが、森監督が「(心の)準備が遅れている。それだと焦って後手後手に終わっちゃうぞ」と一喝する場面もあり、初戦に向けて士気を高めていた。

左腕佐野の復活期待

 「打者1人だけでも投げたい」と浦和学院の左腕佐野が甲子園のマウンドを熱望している。

 鋭く落ちるスライダーと140キロ超の直球が武器の好左腕は、今春から調子を崩し、一度も登板していない。打撃を買われ5番・左翼手での先発が濃厚だが、投手としての気持ちは強い。

 打撃練習を途中で切り上げて、練習時間終了間際にブルペン入りし「突っ込まないように気をつけて投げた。感覚としてはいい」とまずまずの様子。豪腕が復活すれば、投手層の厚いチームにとって鬼に金棒だ。

浦和学院・森監督「競った展開で勝機を」

互いに健闘を誓い握手する浦和学院の森士監督(右)と仙台育英の須江航監督=4日午前、甲子園球場

 第8日の第2試合で対戦する浦和学院の森士監督と仙台育英の須江航監督が対談し、互いの印象や試合への意気込みなどを語った。

 ―相手校の印象。

 森「昨年の甲子園を経験している選手がいる強豪校」

 須江「投打にレベルが高く、広角に打てる打者が多い。埼玉県出身として、ファンの一人でもある」

 ―警戒する選手。

 森「田中投手が中心のチーム。個々の強さとチームの一体感もある」

 須江「球速のある渡辺投手、ゲームを作れる河北投手など、なかなか打ち崩しにくい。打者は蛭間選手、上野選手、中前選手、矢野選手など」

 ―理想的な試合展開。

 森「ロースコアのゲーム。競った展開から勝機を見つけたい」

 須江「とにかく最少失点差で終盤勝負に持ち込みたい」

 ―初戦への意気込み。

 森「久しぶりの甲子園で初出場のような感覚。最高のパフォーマンスを出せれば」

 須江「第100回大会に出られる喜びを感じている。宮城県の代表として恥ずかしくない試合をしたい」

(埼玉新聞)

あす初戦臨む浦学、実戦想定準備着々

実戦想定で打撃や投球の練習をする浦和学院の選手たち

 第100回全国高校野球選手権記念大会は、浦和学院(南埼玉)が12日の第2試合で仙台育英(宮城)との初戦に臨む。10日は、対戦前に実戦を意識して練習。

 この日、浦和学院の選手は兵庫県伊丹市のスポーツ施設で約2時間練習。南埼玉大会で登板した渡辺勇太朗投手(3年)や永島竜弥投手(2年)らを相手に、対戦当日の打順を想定して選手はバットを振った。

 昨夏の埼玉大会で主戦級の活躍を見せ、今夏は未登板の佐野涼弥選手(3年)もブルペンで投球練習。「投打ともに、調子は悪くない。登板したら全力で投げたい」と意欲を示した。

 前日9日は、阪神甲子園球場の三塁側内野席で試合を観戦した。森士(おさむ)監督が「自分たちがグラウンドに立っていると想像して」と指示した。上野暖人(はると)選手(3年)は「スタンドから見たグラウンドは、想像より広く感じた。観客も多く迫力がある。はやく試合がしたい」と話した。

(朝日新聞埼玉版より抜粋)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ