高校日本代表、練習試合で立大に勝利 豪華な投手リレー

 野球のU18(18歳以下)アジア選手権(9月3日、宮崎市で開幕)に向け、東京都内で合宿をする高校日本代表は27日、初の対外試合となる練習試合(7イニング)を立大と行った。7投手が1回ずつ投げ、3-1で勝利した。

 豪華な投手リレーだった。先発の渡辺勇太朗(浦和学院)から市川悠太(明徳義塾)、山田龍聖(高岡商)、奥川恭伸(星稜)、板川佳矢(横浜)、根尾昂(大阪桐蔭)とつなぎ、最後の七回は今夏の全国選手権の準決勝、決勝を完投した柿木蓮(大阪桐蔭)が3者連続三振で締めた。

 「ブルペンにいる時にコーチ陣から『3者連続三振やってこいよ』と言われていたので、できてよかった」と柿木はうれしそうに言った。

 今回の代表には、野手を兼務する根尾と野尻幸輝(木更津総合)を含め、9人の投手がいる。この日は全国選手権の疲労を考慮され、別メニューでの調整が続いている吉田輝星(金足農)と、指名打者で出場した野尻以外、すべての投手が登板した。奥川が失策絡みで1点を失った以外は無失点。立大が下級生中心のメンバーだったとは言え、大学生を相手に見事な投球内容だった。

 中でも、文句なしの投球だった柿木は今大会、抑えとしての役割が期待されそう。「同じ大阪桐蔭の小泉(航平)が捕手でいるし、自分たちでバッテリーを引っ張っていきたい」と意気込みも十分だ。

 状態が心配される吉田もこの日、ブルペンで軽めの投球練習を再開。練習試合では一塁ランナーコーチを務め、表情も明るかった。永田裕治監督は「吉田はこの夏を最後まで戦っていた選手なので、(疲労さえ抜ければ)大会には十分に間に合う。状態を見ながら考えていきたい」と話した。

 また、28日に予定されている大学日本代表との壮行試合(午後5時45分、神宮)の先発は、高校が市川、大学は立大の田中誠也(大阪桐蔭高出身)と主催者から発表された。

(朝日新聞)

根尾、蛭間、日置が副主将 中川主将支える

 野球のU18(18歳以下)アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)で連覇を狙う高校日本代表が28日、神宮で大学日本代表との壮行試合を行う。

 根尾、蛭間と日置が26日夜に永田監督から副主将に指名された。根尾は大阪桐蔭でも副主将として中川主将を支えた。蛭間は浦和学院で、日置は日大三で、ともに主将を務めた。蛭間は「キャプテンを支えられるように自分が高校生活でやってきたことをやるだけ」。日置は「いい経験なのでチームを引っ張っていけるように頑張りたい」と意気込んだ。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今日浦学で4限現文の授業してたら私廊下側の1番前の席なんだけどいきなりドアが動いてなんだろうって思ったら5歳ぐらいのおかっぱの赤い服着ててのっぺらな女の子が教室をじっと見てるの。そして入ってきたら先生の方見ててまた歩いたと思ったら消えたんだ。そしてそれをなんで模写してたんだ私。下手

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もういっちょ大学野球選手権より。#明大 の西野捕手(浦和学院)は2015年の高校生捕手の中でも屈指の強肩だった。郡司(仙台育英→慶大)、堀内(静岡→楽天)、伊藤’(中京大中京→法大)と打力も高い3選手が結果的に選ばれたが、もし夏も浦学が甲子園に出ていたなら、選考はもっと揉めていたはず。

もっと読み込む...

 

アーカイブ