浦学、白岡にサヨナラ勝ち 雪辱も課題残す 春季県大会

延長12回裏、中前が中越え二塁打を放ち、サヨナラ勝ちする

 (21日・上尾市民ほか)

 シード8校と地区大会を勝ち抜いた38校を合わせた計46校で開幕。3球場で1回戦7試合を行い、浦和学院が白岡に4-3の延長十二回サヨナラ勝ちし、昨秋の県大会で初戦の2回戦で敗れた雪辱を果たした。

 松山は七回の集中打で一挙5得点し、5-2で入間向陽に逆転勝ち。川口市立は一回の3失点を1点ずつ取り返し、4-3で西武文理に競り勝った。所沢はふじみ野に6-1で快勝。武南は熊谷工に10-1で勝利し、熊谷商は5-2で慶応志木を下した。叡明は狭山経済に9-2で七回コールド勝ちした。

 第2日は22日、県営大宮など3球場で残りの1回戦7試合が行われる。

雪辱も課題残す

 浦和学院が延長十二回の末、白岡にサヨナラ勝ちし、昨秋の県大会初戦で敗れた相手に借りを返した。森監督は「どうにか鬼門は突破した」と胸をなで下ろした。

 延長十二回無死一塁の好機で打席が回ってきた中前は、「森監督から『1球で仕留められなかったら、バント』と言われていたので、初球に集中していた」と、甘く入ってきた初球を中堅手の後方へ運んで決着をつけた。だが、昨夏の甲子園ベスト8の強豪は、同じチームにまたも苦戦。1点リードの九回表に追い付かれる詰めの甘さがなければ、延長戦にもつれることもなかった。

 攻撃にも課題が残る。二回に3得点した後、淡泊な打撃が目立ち、好機を生かせなかった。15安打したものの、11残塁で4得点。つながりを欠いた打線に指揮官は「秋もそうだったが、加点をし切れない“線”としての弱さがある」と指摘した。

(埼玉新聞)

試合結果

県大会1回戦(4/21・上尾市民)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
白岡 0 0 0 1 1 0 0 0 1 0
浦和学院 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
TEAM 11 12           H E
白岡 0 0           3 8 0
浦和学院 0 1x           4 15 0
【浦】 美又、永島、下薗ー畑
【白】 迫田-三瓶
畑(浦)松永(白)
迫田(白)
徳弘、中前(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 選手名 学年
1 下薗 3年
2 後藤 3年
3 中前 3年
4 3年
5 徳弘 3年
6 2年
7 上田 3年
8 小櫻 2年
9 美又 2年


拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

山村学園が浦学や徳栄の驚異であることは間違いなし😱

東海大相模相手に負けたとはいえ
延長戦にまで持ち込んだのはスゴいよ😆

春日部共栄さん、浦和実業さん、山村学園さん、東農大三さん、そして花咲徳栄さん、夏は浦学ですよ。

もっと読み込む...

 

アーカイブ