「目標は優勝」浦和学院が6年ぶり7回目のセンバツ出場

2011選抜高校野球大会1

センバツ出場が決まり、喜ぶ浦和学院の選手たち=さいたま市緑区で2011年1月28日(毎日新聞)

 第83回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が28日、大阪市の毎日新聞本社で開かれ、昨秋の明治神宮大会を制した日大三(東京)、同準優勝の鹿児島実(鹿児島)などが順当に選出された。組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

 2001年の第73回大会から導入された21世紀枠は候補の9校の中から、大館鳳鳴(秋田)、佐渡(新潟)、城南(徳島)が選出された。3校とも春夏通じて初切符となった。

 ほかに、関東大会の覇者で神宮大会4強の浦和学院(埼玉)、昨春ベスト4の大垣日大(岐阜)、近畿大会優勝の天理(奈良)、同準優勝の履正社(大阪)、四国王者の明徳義塾(高知)など甲子園常連校が選ばれた。また、創志学園(岡山)は創部1年目で史上最短の甲子園出場となった。

(サンスポ)

◇「目標は優勝」浦和学院が6年ぶり7回目の出場決定

 第83回選抜高校野球大会の出場校が決定した28日、関東地区代表として埼玉県から浦和学院高校(さいたま市緑区)が選ばれた。同校のセンバツ出場は平成17年以来6年ぶり7回目で、甲子園出場は春夏合わせて17回目となる。

 野球部員らに出場決定を伝えた小沢友紀雄校長は「センバツ優勝をこのチームで勝ち取ってほしい」と激励。小林賢剛主将(17)は「チームカラーのがむしゃらさと強気の姿勢で、優勝に向けて勝ち続けたい。どのチームより多く校歌を歌いたい」と必勝を誓った。

 森士(おさむ)監督は「関東の代表校としてふさわしい姿で試合に臨めるよう、準備したい」と気持ちを引き締めていた。

2011選抜高校野球大会2 2011選抜高校野球大会3

2011選抜高校野球大会4

(産経新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ